フェルスタッペンとハミルトン……イモラで”触れ合った肩”は今年の王座争い”激化”の兆候?

マックス・フェルスタッペンの父親であり、元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペンが、エミリア・ロマーニャGPの予選後に息子とルイス・ハミルトンがすれ違い様に肩を擦り合わせたことについて語り、今季の王座争いが激化する兆候であると語った。

フェルスタッペンとハミルトン……イモラで”触れ合った肩”は今年の王座争い”激化”の兆候?

 今季のF1開幕戦の勝者であるルイス・ハミルトン(メルセデス)と、第2戦の勝者であるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、エミリア・ロマーニャGPの予選終了後にパルクフェルメですれ違う際、お互いの肩を擦れ合わせたかのように見えた。

 このシーンについて、マックス・フェルスタッペンの父親であり、元F1ドライバーでもあるヨス・フェルスタッペンは、タイトル争いが激化する兆候であると語る。

 ヨス・フェルスタッペンは木曜日にインスタライブを行ない、オランダのTV解説者とともにふたりのライバル関係を楽しんでいると語った。

「どうなっていくかは分からない。もちろんね。でもイモラの予選後に、彼らがお互いの肩をぶつけ合ったことを見ると、今年は何かが期待できると思う」

 そうヨス・フェルスタッペンは語った。

「彼らはいずれも、負けず嫌いだ。特にシーズンのタイトル争いがますます激化していった場合、負ける訳にはいかないだろう。今年は強烈で、素晴らしい年になると思う」

 マックス・フェルスタッペンは今年、タイトルを争う上で最高のポジションにいると考えている。そしてヨス・フェルスタッペンは、今の状況には良い面と悪い面があると指摘する。

「理論的に、全てのレースで勝つこともできるという事実は、より多くの安心感を生み出す。そしてマックスがレッドブルで、正しいポジションにいるということも分かっている。しかしそのことは同時に、余計なプレッシャーをも与えることになる」

 ヨス・フェルスタッペンはまた、レッドブルとメルセデスのパフォーマンス差は、コース特性によって変動する可能性があると考えている。

「今年は、レッドブルとメルセデスが、ほぼ同じようなパフォーマンスだと思う」

「トト・ウルフ(メルセデスのチーム代表)は、レッドブルの方が良いマシンだと言い続け、クリスチャン・ホーナー(レッドブルのチーム代表)はメルセデスの方が良いクルマだと言っている。でも、真実はどこかにあるはずだ」

「サーキットごとに、有力チームは変わるだろう。マシンの特性に応じてね。それは同様に、余計なプレッシャーを生み出すことになるだろう」

 

Read Also:

シェア
コメント
サインツJr.、予選の達人ルクレールにも追いつける? 『区間ベストを繋げれば……イケる!』

前の記事

サインツJr.、予選の達人ルクレールにも追いつける? 『区間ベストを繋げれば……イケる!』

次の記事

角田裕毅を支えるレースエンジニアが語る、ルーキーの情熱「クルマの中のユウキは”ストーム”だ!」

角田裕毅を支えるレースエンジニアが語る、ルーキーの情熱「クルマの中のユウキは”ストーム”だ!」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン , マックス フェルスタッペン
チーム メルセデス , レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble