フェルスタッペン、”奇妙な感覚”で攻めきれず。それでも「強力なレースができると確信している」

F1第10戦イギリスGPの予選で2番手となったレッドブルのマックス・フェルスタッペンは、奇妙な感覚に悩まされ、アンダーステアがネックになったと振り返った。

フェルスタッペン、”奇妙な感覚”で攻めきれず。それでも「強力なレースができると確信している」

 F1第10戦イギリスGP予選で2番手となったマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、マシンの奇妙なフィーリングに悩まされたと振り返った。

 FP1では2番手以下に0.7秒の差をつけてトップタイムをマークしたフェルスタッペンだったが、予選Q2、Q3ではタイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)に及ばず。ハミルトンがF1初のスプリント予選レースをトップからスタートすることになった。

Read Also:

 フェルスタッペンは予選の間「どのコーナーも攻めきれなかった」と語ったが、その原因は分からないという。

「マシン自体のハンドリングはとても良いと思うので、僕たちは自分たち自身を見つめ直す必要がある。でもアンダーステアが強くてどのコーナーも攻められなかったんだ」

 そうフェルスタッペンは語った。

「ただフロントタイヤがグリップするのを待っていただけだった。正直なところ運転していてちょっと変な感じだった。セットアップやフロントウイングの影響ではないと思うからだ。でも僕らはまだかなり接近しているから問題ない」

 フェルスタッペンは自身のレースペースを楽観視しており、問題を解決することができれば、17周のスプリント予選レースで反撃することができると考えているという。

「予選を全力で走ったのに、率直に言ってちょっと変な気分だ」と、フェルスタッペンはスプリント予選レースのフォーマットについて話した。

「明日に期待しよう。僕たちは強力なレースカーを持っていると思う。予選で起きた問題を少し修正する必要があるが、強力なレースができると確信している」

 スプリント予選レースの前には、60分のフリー走行2回目が行なわれる。マシンはパルクフェルメ状態にあり、大きく変更することはできないが、レッドブルが問題を解決できるかが、スプリント予選レースおよび決勝レースに向けて鍵となってくるだろう。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
Q3で自信を取り戻したルクレール、イギリスGP予選で4番手「スプリント予選で何ができるか、明日まで待ってみよう」

前の記事

Q3で自信を取り戻したルクレール、イギリスGP予選で4番手「スプリント予選で何ができるか、明日まで待ってみよう」

次の記事

レッドブルのペレス、予選Q3でタイム抹消も5番手「金曜日1日で、マシンを大きく前進させることができた」

レッドブルのペレス、予選Q3でタイム抹消も5番手「金曜日1日で、マシンを大きく前進させることができた」
コメントを読み込む