F1 ベルギーGP

フェルスタッペンには”天狗になる”だけの十分な理由がある。メルセデス代表「我々はレッドブルに負けているわけじゃない……ひとり速すぎるだけだ」

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、今季圧倒的な強さを見せるレッドブルのマックス・フェルスタッペンが「少し生意気」になるのには、十分な理由があると考えている。

Max Verstappen, Red Bull Racing, 1st position, celebrates on arrival in Parc Ferme

 先日行なわれたF1ベルギーGPを圧倒的な強さで勝利したのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンだった。そのレース中、フェルスタッペンは全力で攻めて後続とのリードを広げ、「ピットストップの練習をしよう」と無線で主張したが、エンジニアはこれを即座に拒否するシーンがあった。

 この状況についてメルセデスのトト・ウルフ代表は、フェルスタッペンが生意気になるのは十分な理由があると語った。

 フェルスタッペンはF1ベルギーGPの決勝レースを、ギヤボックス交換のペナルティもあり6番グリッドからスタート。しかしそんなハンデをもろともせず、あっさり首位に立つと、そのままリードを広げ、最終的にはチームメイトのセルジオ・ペレスに22秒のリードを築き圧勝した。

 そのレース中、フェルスタッペンはエンジニアのジャンピエロ・ランビアーゼに対し、ペースを上げて後続とのリードを広げ、ピットストップの練習をしようを提案した。しかしランビアーぜは、「今日は必要ない」とそれを却下。この理由についてチーム代表のクリスチャン・ホーナーは、そのピットストップで問題が起き、恥をかくのを避けたと説明した。

 一方、余裕からくるフェルスタッペンの発言については、彼が少し”天狗”になっているのではないかとの指摘もある。しかしメルセデスのウルフ代表は、そのようには感じなかったという。

「彼には、少し生意気になるだけの理由がたくさんある。彼はその功績に基づいて、他のドライバーの周りでただ自分のクルマをドライブしているだけだ。面倒なことだが、一方では見守る必要があることだと思う」

 ライバルチームはレッドブルとの差を縮めようと躍起になっているが、今シーズンはよりドライバーごとの戦いになっているとウルフ代表は考えている。というのも、フェルスタッペンとペレスの差も非常に大きいからだ。

「マックスを方程式から除外するだけだ」

 そうウルフ代表は言う。

「もう1台のレッドブルは、我々と同じようなところにいる」

「もしフェルスタッペンがいなければ、今シーズンは素晴らしい接戦になっていただろう。ストップウオッチは決して嘘をつかない。誰よりも優れているのはたったひとり、たった1台だけなのだ。我々はそれに追いつけなければいけない。選択の余地はないのだ」

 フェルスタッペンと他のドライバーたちの差は、1年前のベルギーGPと比べると拡大している。しかしそれは、F1の勢力図を正確に表したモノではないと、ウルフ代表は考えているようだ。

「昨年のスパは酷いレースだった。でも今回は最後のピットストップの前に、ペレス、ルクレール(シャルル・ルクレール/フェラーリ)、そして我々は6〜8秒ほどの間の中にいた。2022年のスパは我々にとっては大惨事だったから、非常に大きな一歩だ」

「我々は大きな一歩を踏み出したと感じている。でもその先にもう一歩進んだドライバーがひとりいるんだ。この状況をひっくり返さなければいけない」

 

前の記事 もし予選でトップ5に入れなかったら……レッドブル代表が交わしたペレスとの無線「効果があったから次も試そうか」
次の記事 アルピーヌに足りないのは”No.1”ドライバー? 元ルノー代表「ハミルトンやフェルスタッペンのような個の力が必要」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本