”初めてのタイトル争い”に臨むフェルスタッペン「今まで以上に、自分の力を発揮できる」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、タイトル争いができる2021年のレッドブルのマシンであれば、さらに優れたパフォーマンスを発揮できると感じているという。

”初めてのタイトル争い”に臨むフェルスタッペン「今まで以上に、自分の力を発揮できる」

 2021年シーズンのF1は、パワーユニット(PU)が導入された2014年以来初めて、メルセデス以外のチームが最速のパッケージを持った状態で開幕を迎えたと言っていいだろう。先月行なわれた開幕戦バーレーンGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得した。

 だが決勝レースでは、メルセデスが積極的な戦略を駆使したことでルイス・ハミルトンがフェルスタッペンを逆転。フェルスタッペンはレース終盤にハミルトンを追い詰めたものの、抜ききることができず開幕戦では勝利を収めることができなかった。

 motorsport.comの姉妹媒体である英国Autosport誌が行なった独占インタビューに応えたフェルスタッペンは、タイトルを争うことができるマシンを手にしたことで、これまで以上にいいパフォーマンスを発揮できると考えているようだ。

「タイトルを争うことができるマシンを手に入れて、とにかくそういう立場になれば、すべてが楽になると思っている」

 そうフェルスタッペンは語った。

「もちろん、チャンピオンを獲得するというプレッシャーはある。他の人たちと戦っているわけだからね」

「でも全体的に見れば、いつもよりはずっと良い状況だと思う。なぜならこれまでは、良い結果を得るためには常にたくさんのリスクを冒さなければならなかったからだ。1周目やレース中の特定のエリアで攻めなくてはいけない。もちろん、そうした状況だとミスも起きる」

「だから僕は、チャンピオン争いに参加できるマシンを持っていることを願っているし、それを楽しみにしているんだ。そうなれば、自分の力がさらに発揮できると思うからだ」

 カート時代に成功を収めたフェルスタッペンは、ヨーロッパF3でランキング3位になった翌年、17歳にしてF1デビューを飾っている。そのため、ジュニア・フォーミュラ時代からタイトルを獲得した経験がないのだ。

 しかしフェルスタッペンは、タイトル争いの経験が少ないことを弱点だと捉えてはいないようだ。

「タイトル争いに加わるのは、普通とはかなり異なる」と、フェルスタッペンは説明した。

「もちろん、そうしたシナリオでは毎レース、毎バトル勝つ必要はないわけだけど、勝とうとするのは自然なことなんだ」

「例えば僕がタイトルを獲得できなかったからといって、それを理解していないというわけではない。僕はゴーカートで多くのタイトルを獲得したけど、基本的には同じだ。バトルを選ぶんだ」

「僕がF3でタイトルを獲得しようとしたのは1回だけ。でも、当たり前だけどそれは実現しなかったんだ」

 
 

 

Read Also:

シェア
コメント
角田裕毅F1での2レース目へ「イモラはたくさん走った。自信を持ってマシンをドライブできる」

前の記事

角田裕毅F1での2レース目へ「イモラはたくさん走った。自信を持ってマシンをドライブできる」

次の記事

各F1チームで解釈分かれる新規則のフロア。”Z字型”が2021年のトレンドになる?

各F1チームで解釈分かれる新規則のフロア。”Z字型”が2021年のトレンドになる?
コメントを読み込む