レッドブルは今季マシンの開発を継続。フェルスタッペン「来年に向け助けになるはず」

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、メルセデスが開発のリソースを2021年向けにシフトしたとしても、レッドブルは今季マシンの開発を続け、来シーズンに繋げていくことが大切だと語る。

レッドブルは今季マシンの開発を継続。フェルスタッペン「来年に向け助けになるはず」

 メルセデスF1のチーム代表であるトト・ウルフは、先日行なわれたアイフェルGPの際に、今シーズン向けの開発を終了させ、来シーズンに向けた開発にそのリソースを振り分けたと語った。

Read Also:

 一方でレッドブルは、アイフェルGPに新開発のパーツを投入。これにより、メルセデスとレッドブルの戦闘力の差が縮まったようにも見えた。

 ウルフ代表曰く、パッケージに大きな変更があったため、2021年向けの開発にリソースを振り分けることについては「非常に徹底的に考えた」と語った。

 シャシーと多くのメカニカルパーツは、今年の初めに合意されたレギュレーションに基づき、来季に向けて開発が制限される。限られたトークンを使えばアップグレードできるものの、その規模は限定的なモノになるだろう。しかしその一方で、空力開発はほぼ自由。ダウンフォース発生量を削減すべく、この空力レギュレーションには変更が加えられている。さらにメルセデスとしては、DASが禁止されることにも対処しなければいけない。

 フェルスタッペンは、開発をシフトさせることを決めたメルセデスとは対照的に、レッドブルは今季マシンRB16の開発を続けていくべきだと主張する。

「僕らとしては、マシンについては来年に向け、あまり変更することができない。だから、このマシンについて学び続けることが、より重要だと思う」

 そうフェルスタッペンは語った。

「僕らが今やっていること、そしてこのマシンで学んだことについては、来年も手助けになるだろう。メルセデスがやろうとしていることは、彼らに対しては機能するんだろう。でも、僕らにはそのやり方は機能しないと思う。だから今は、今年のマシンの開発を、ただ進めていくべきだ。そしてもちろん、来年になれば僕ら全員の立ち位置が分かるはずだ」

 しかしフェルスタッペンは、マシンのフィーリングは良くなったものの、ニュルブルクリンクでメルセデスとのパフォーマンス差が縮まったように見えたことについては、重要ではないと語る。

「よく分からないけど、とても寒かったし、ニュルブルクリンクに行ったのも久しぶりだった。ずいぶん長いこと行っていなかったサーキットだよ。だから、どれほどの競争力があったのか、もう一度見直す必要がある」

「しかしバランスに関しては、マシンは少しばかり気が通い合っているように感じた。そう感じられるのは、いつでも良いことだ」

 フェルスタッペンのチームメイトであるアレクサンダー・アルボンも、開発を進めるレッドブルの計画を支持した。

「ニュルブルクリンクで見られたアップデートからも、マシンが正しい方向に進んでいることが示されていた」

 そうアルボンは語った。

「そしてマックスも言っているように、ルールは来年に向けて基本的には変わらない。だから僕らはマシンの開発を続けていくだろう。そのことは、来年のマシンのフィーリングを良くすることにも繋がるはずだ」

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、ポルトガルGPで”DASなし”マシンをテストへ

前の記事

メルセデスF1、ポルトガルGPで”DASなし”マシンをテストへ

次の記事

ペレスのウイリアムズ加入説が急浮上も、ラッセルは動じず「全く心配していない」

ペレスのウイリアムズ加入説が急浮上も、ラッセルは動じず「全く心配していない」
コメントを読み込む