F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

ペナルティによって”奮い立った”。あくまで勝利を目指したフェルスタッペン

シェア
コメント
ペナルティによって”奮い立った”。あくまで勝利を目指したフェルスタッペン
執筆:
2019/05/29 0:59

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、タイムペナルティが科されたために、モナコで勝利を目指すために後押しとなったと語った。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、レース中にタイム加算ペナルティを科せられたため、安全に走ってファステストラップを狙うのではなく、アグレッシブに勝利を目指すための気合が入ったと語った。

 フェルスタッペンはモナコGPの決勝を3番グリッドからスタート。しかしセーフティカーが出動した際のピットインのタイミングで、メルセデスのバルテリ・ボッタスを抜いて2番手に上がった。

 ただこの時の動きが原因で、フェルスタッペンはタイム加算ペナルティを受けることになった。1-2体制を築いていたメルセデスは、ルイス・ハミルトンとボッタスを同時にピットに呼び戻した。フェルスタッペンも同じタイミングでピットに入ったが、ボッタスのピット作業は若干時間がかかったため、両者はピットレーンで並ぶことになった。そしてフェルスタッペンはボッタスの方にマシンを寄せ、ボッタスのマシンは右側のウォールに接触することとなった。これが危険なリリースと見なされ、5秒のタイム加算ペナルティが科せられたのだった。

 その後のフェルスタッペンは、首位を行くハミルトンにプレッシャーをかけ続けた。しかしオーバーテイクならず。後方にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とボッタスが僅差で続いていたため、フェルスタッペンは結局4位となった。

 フェルスタッペン曰く、ペナルティを受けたことについて、やる気を失うことはなかったという。

「いや、それは逆に、僕を奮い立たせた」

 そうフェルスタッペンは語った。

「ペナルティについて聞いた途端、僕はルイスに強くプレッシャーをかけていた。彼は最初、とてもゆっくり走っていたんだ」

「僕はただ、プッシュし続けた。僕が彼を攻撃すれば、彼はプッシュせざるを得なくなる。そして、タイヤを壊したんだ。それが彼を抜くための唯一の方法だった」

 またフェルスタッペンは、さらに次のように続けた。

「楽しんだよ。もちろん、4位でフィニッシュするのは残念なことだ。でも、楽しいレースだった」

 モナコでのオーバーテイクが難しいことを考えれば、故意にスペースを空け、ファステストラップを狙いに行くという戦略を採ることも理に適っていたはずだ。もしファステストラップを獲ることができれば、さらにもう1ポイント手にしていたはずだ。しかしフェルスタッペン曰く、安全に戦うのではなく、勝利を目指した方が満足感があったと語る。

「それについて僕らは議論した。でも、おそらく彼(ハミルトン)を抜き、レースに勝つチャンスがかなりあった」

「結局のところ、それ(ファステストラップ)は1ポイントにすぎない」

「最速ラップを獲ろうとするよりも、2番手を走っていた方がいい顔をしていた」

 フェルスタッペンがハミルトンを抜くチャンスは、1度しかなかった。残り2周という段階で、シケインでフェルスタッペンはハミルトンのインに飛び込み、そして両者は接触することとなった。

 フェルスタッペン曰く、その接触については「誰の責任でもない」と語り、「全てはフェアだった。彼を抜くためのフェアなチャンスだった」と主張した。

「僕はただプレッシャーをかけようとしていた。そしてその時が、僕が彼を抜くことを試みる、唯一のチャンスだったと思う」

次の記事
フェラーリ、カナダGPとフランスGPでも『Mission Winnow』ロゴを削除

前の記事

フェラーリ、カナダGPとフランスGPでも『Mission Winnow』ロゴを削除

次の記事

Q2で全てが台無しに……アルファロメオ代表、散々なモナコGPを振り返る

Q2で全てが台無しに……アルファロメオ代表、散々なモナコGPを振り返る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第6戦モナコGP
サブイベント 決勝レース
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Scott Mitchell