フェルスタッペン「メルセデスとハミルトンに対する見方は変わった……悪い方にね」

マックス・フェルスタッペンは2021年シーズンの戦いを通じて、メルセデスとルイス・ハミルトンに対する見方が”悪い方向へ”変わったと語っている。

フェルスタッペン「メルセデスとハミルトンに対する見方は変わった……悪い方にね」
Listen to this article

 F1の2021年シーズン、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)は最終戦までもつれる激しいタイトル争いを展開している。そして、今シーズンの戦いを通じて、フェルスタッペンはライバルに対する見方が悪い方向へと変わったという。

 類を見ない激しさとなっている今シーズンの両者の戦いは、イギリスGPやイタリアGPでのコース上での接触をはじめとして、それぞれのマシンの合法性をめぐった議論など、コース外でもレッドブルとメルセデスは衝突してきた。

 そしてフェルスタッペンは、そうした中で、メルセデスとハミルトンに対する見方が変わっていったと話す。

「ああ、本当にそうだ(見方が変わった)よ」

 フェルスタッペンは最終戦の舞台であるヤス・マリーナ・サーキットで、そうメディアに対して語った。

「そして、それはポジティブな方向にじゃない」

 今週初めには、元F1最高責任者だったバーニー・エクレストンが、メルセデスとハミルトンは、”いじめ”を行なっていると示唆していた。

 エクレストンの発言に対してコメントを求められたフェルスタッペンは、次のように答えている。

「彼は明らかに何かが正しくないと感じている。僕としては、もちろんいじめは経験していないけれど、起こっていることが正しくないと僕も思っている」

 フェルスタッペンは前戦サウジアラビアGPで科されたペナルティと、ハミルトンに対する判断の違いなどを引き合いに出して、ドライバーごとの扱いがアンフェアだと語った。

「他のドライバーが全く同じことをやっても、彼らにはなにも(罰が)ないんだ」

「(ジェッダで)僕らはふたりともターン1に向けて白線の外側にいた。でもどういうわけか、彼らはそれが僕のミスだと裁定した。僕には同意できないものだ」

「その後、彼は僕をコース外へ押し出した。ミラーで見ていたはずだけれど、ターンインせず、僕を白線の外、縁へ押し出したんだ。でも彼はそれで警告を受けるだけだった」

「間違いなくあるべき姿ではない。フェアではないと思うよ。他のドライバーがいろいろできて、僕だけがペナルティを貰うというんだからね」

 またフェルスタッペンはメルセデスが”トリック”を使用したウイングを使っていたという疑念については、レッドブルの抱いていた疑いは真剣なものだったと話している。

Read Also:

「当然だけど検査は常に行なわれてきている」と、フェルスタッペンは言う。

「残念だけど、過去に疑いがあっても、以前のレースでどうだったか、それをチェックすることはできない。でもそれは仕方のないことだ」

 なお最終戦を前にしたランキングでふたりは同ポイントではあるものの、勝利数の関係でフェルスタッペンが一歩リードしている。ともにノーポイントとなった場合にはフェルスタッペンの戴冠が決まるため、より”リスクの高い”アプローチを採るのではないかという見方もある。ただ、フェルスタッペン本人は「正しいやり方で勝ちたい」と断言している。

「僕の側からすれば、単にベストを尽くして、今週末は勝ちに行こうとするだけだ」

「結局のところ、それがチャンピオンになる方法だからね」

「でも実際、とてもいい気分なんだ。とてもリラックスしている。僕はここに勝つために来た。毎週末がそうだったし、今週末もそうしようと思っている。以前話したように、これで僕の人生が変わるわけじゃないんだ」

 
Read Also:

シェア
コメント
マクラーレン代表、F1の無線公開に意見「レースコントロールとのやり取りは放送されるべきでない」
前の記事

マクラーレン代表、F1の無線公開に意見「レースコントロールとのやり取りは放送されるべきでない」

次の記事

ピレリ、改修されたアブダビの新しい縁石に懸念「カタールのモノによく似ている」

ピレリ、改修されたアブダビの新しい縁石に懸念「カタールのモノによく似ている」
コメントを読み込む