レッドブル、ロシアGPは旧型PU”スペックB”使用。原因は『高度』

シェア
コメント
レッドブル、ロシアGPは旧型PU”スペックB”使用。原因は『高度』
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/09/27 23:42

フェルスタッペンは、ロシアでルノーの旧型PUを使用すると語った。スペックCのPUは今後に控える標高の高いサーキットで走れないからだという。

 イタリアGPからルノーの最新パワーユニット(PU)であるスペックCを使用していたレッドブルだが、マックス・フェルスタッペンによると、ロシアGPで旧型PUのスペックBを使用するという。

 スペックBのPUを新たに導入することになってしまうため、フェルスタッペンとそのチームメイト、ダニエル・リカルドはロシアGPでグリッドペナルティを受けることになる。ただ、どれだけのコンポーネントを新たに導入するかは分かっていない。

 チームの驚きの決断について、フェルスタッペンは次のように説明した。

「スペックCは、メキシコやブラジルといった標高の高いサーキットは走れないんだ」

「ある時点でスペックBのPUを新たに導入しなければならないことは、スペックCを使用している時から分かっていた。僕がそのベストなタイミングがここだと思う。何かが壊れた時のために、さらにいくつかのスペアパーツも用意する」

 高高度にあるサーキットでは空気が薄くなる。その出力低下を補うため、空気を圧縮するターボがより酷使されることになるが、同時にMGU-Hへの負荷も増すことになるのだ。

 昨年のメキシコではフェルスタッペンが優勝したものの、ルノーPUにトラブルが続発した過去がある。スペックCのPUは信頼性に関するリスクが払拭できていないため、ワークスチームであるルノーは使用していないほどだが、メキシコではさらにそのリスクが高まってしまうだろう。

 またフェルスタッペンは、スペックCのPUが予選では効果を発揮しているものの、レースにおける改善については疑問を持っているようだ。

「スペックCは予選ではパワーを発揮しているが、レースでは同じか少し遅いくらいだ」と彼は付け加えた。

「リカバリー(エネルギー回生)がそれほど良くない」

「だけど予選では常に0.1秒でも速くなることを望んでいる。予選ではそれが全てだ。だから僕たちはスペックCを使うことを選んだ」

Additional reporting by Scott Mitchell

次の F1 ニュース
メルセデス代表「ウェーレインの将来を妨害したくなかった」F1復帰願う

前の記事

メルセデス代表「ウェーレインの将来を妨害したくなかった」F1復帰願う

次の記事

シート喪失のエリクソン「ライコネンの加入は悪い報せだった」

シート喪失のエリクソン「ライコネンの加入は悪い報せだった」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ロケーション ソチ・アウトドローモ
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース