3連勝中のフェルスタッペン、油断はナシ!「今後もオーストリアでの好調を維持できるようにしなければ」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1イギリスGPでさらにチャンピオンシップのリードを拡大するために、レッドブル・リンクで見せた圧倒的なパフォーマンスを再現しなければならないと話した。

3連勝中のフェルスタッペン、油断はナシ!「今後もオーストリアでの好調を維持できるようにしなければ」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、ここ5レースで4勝を記録し、チャンピオンシップをリードしているが、さらにリードを広げるためにも次戦であるF1イギリスGPでも圧倒的なパフォーマンスを発揮しなければならないと語った。

 フェルスタッペンはレッドブルのホームコースであるレッドブル・リンクで行なわれたシュタイアーマルクGP、オーストリアGPで圧巻の走りを見せた。両レースでポール・トゥ・ウィンを飾り、全142周をリード。オーストリアGPではファステストラップも獲得し、自身初のグランドスラムを達成した。

Read Also:

 タイトル争いのライバルであるルイス・ハミルトン(メルセデス)は、ここ5レース勝利から遠ざかっており、状況を変えるためにアップデートを要求。チームもイギリスGPではアップデートを持ち込む意向を示している。

 フェルスタッペンは3連勝を達成した現在の好調ぶりを当然「楽しんでいる」としながらも、他のコースでもオーストリアでの活躍を再現できるようなマシンを作るために努力を続けなければならないと述べた。

「僕は残りのシーズンに集中している。まだまだ長いし、獲得しなければならないポイントもたくさんある。毎週末、確実にこのポジションに戻ってきて、マシンのポテンシャルを全て使いきれるようにしなくてはいけない」

「オーストリアでは特にマシンが素晴らしかった。とても支配的だったと思う。だが、シルバーストンで開催されるイギリスGPでも、この状態を再現しなければならない。そのためにも、競争力を高めていきたいと思っている」

 イギリスGPでは、F1史上初めてスプリントレースが行なわれる。そのため、どのチームにとっても不確定要素の多いレースとなる。一方、シルバーストンは伝統的にメルセデスが得意としているサーキットだ。過去9回開催されたレースのうち7回を制している。

 レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・リンクでのレースが「もっと多くないのは残念だ」と述べ、シルバーストンではチームにとって全く異なる挑戦が待っていると話した。

「この7年間、ずっとメルセデスの牙城であったサーキットに向かうことになる」

「この週末は、スプリントレースが導入され、これまでとは異なるフォーマットでの挑戦となる」

「もちろん、ここではメルセデスが長年にわたって絶大な強さを誇っているし、ルイスには地元のサポートもある。だからこそ、厳しいチャレンジになると予想している」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル、新規定で“面白い”パワーユニットを求む!「でなければ、F1チームはフォーミュラEへ移行するべき」
前の記事

レッドブル、新規定で“面白い”パワーユニットを求む!「でなければ、F1チームはフォーミュラEへ移行するべき」

次の記事

激しいバトルにさようなら? マクラーレンCEO、F1の過剰なペナルティ付与に「悪しき前例が作られた」

激しいバトルにさようなら? マクラーレンCEO、F1の過剰なペナルティ付与に「悪しき前例が作られた」
コメントを読み込む