F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

レッドブルRB16の問題点は「メディアによって誇張されていた」とフェルスタッペン

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルの2020年F1マシン『RB16』の空力の問題は、メディアで取り上げられているよりも深刻ではなかったと主張している。

レッドブルRB16の問題点は「メディアによって誇張されていた」とフェルスタッペン

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンは、特に2020年シーズン序盤、予測不可能なハンドリングとナーバスなリヤエンドを持っていたF1マシン『RB16』に苦しんでいたと考えられている。

 フェルスタッペンとアルボンが共にスピンするようなシーンもあったが、シーズンが進むにつれて改善が行なわれていき、徐々に成績も上向いていった。

 しかしフェルスタッペンは2020年シーズンを振り返り、チーム外で考えられていたほど、大きな問題はなかったと語った。

「メディアで、そのことがより大きく取り上げられたんだと思うよ」

 RB16の特性について、フェルスタッペンはmotorsport.comにそう話した。

「僕たちは2番目に速いクルマを持っていたんだ。他にもドライブしづらいクルマがたくさんあったと思う」

「プレシーズンなどでも何度かスピンしていたんだけど、限界まで攻めたらクルマをドライブするのは簡単ではないんだ。メルセデスと比べたら僕らのクルマはちょっと難しいかもしれないけど、ウイリアムズのクルマよりは良いと思う」

「だから、メディアで言われているのはちょっと誇張されていると思う。そんな風に感じたことはないよ」

 2020年シーズンはフェラーリが後退した一方、メルセデスはシャシー面とパワーユニット面で順当に進歩を遂げたため、フェルスタッペンはメルセデス勢に次ぐ3番手を走ることが多かった。

 期待していたように勝利を積み重ね、タイトル争いをすることはできなかったものの、フェルスタッペンはドライビングの面で一歩前進することができたと考えている。

「(2019年よりも)より良くなっていて、より安定してきたと思う」

「ただ多くのレースでひとり旅になっていた。僕はメルセデスについていくのが好きなのにね! マシンは悪くなかったけど、もちろんメルセデスと比べて足りないところはあった」

「イライラはしていない。たまに少しだけパワーが欲しいと思う時はあるけど、それはつまり最高の結果を目指しているということだから、それはそれでいいと思っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
スズキMotoGPタイトルに貢献のブリビオ代表、アルピーヌF1に電撃移籍か?

前の記事

スズキMotoGPタイトルに貢献のブリビオ代表、アルピーヌF1に電撃移籍か?

次の記事

ラッセル、代役出場で“適応力”の大切さ学ぶ。2022年のメルセデス昇格目指し腐らず前進

ラッセル、代役出場で“適応力”の大切さ学ぶ。2022年のメルセデス昇格目指し腐らず前進
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble