F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

フェルスタッペン”社会奉仕”はどうなる?「罰則としてならFIA表彰式に出る」

シェア
コメント
フェルスタッペン”社会奉仕”はどうなる?「罰則としてならFIA表彰式に出る」
執筆:
2018/11/27 10:18

フェルスタッペンは、ブラジルGPで2日間の奉仕活動のペナルティを科されているが、無様に見えることはしないと語った。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ブラジルGPレース後の小競り合いで社会奉仕活動2日間のペナルティを科されたが、無様に見えるようなことはしないと話した。

 ブラジルGP決勝でトップを走っていたフェルスタッペンは、周回遅れのエステバン・オコン(フォースインディア)と接触しスピン、2位でレースを終えた。

 レース後、フェルスタッペンは体重計測を待つオコンに言い寄ると、胸ぐらを突き飛ばした。この件で、フェルスタッペンには社会奉仕活動2日間の罰則が科された。

 アブダビGPの決勝後、英国のF1放送局であるスカイ・スポーツが冗談交じりに、社会奉仕活動としてデイモン・ヒルの”ゴミ箱のお世話”をフェルスタッペンに依頼。当然彼はこれを拒否し、適切な活動をしたいと強調した。

「僕が愚か者に見えるようなことをするつもりはないよ」と彼は付け加えた。

「この件で、僕はすでにひどい扱いを受けていると思う。だから、何か適切なことを見つけたい」

 アブダビGPの時点で、フェルスタッペンはFIAがどんなことを計画しているかは知らないと語った。

「チームやFIAとの間で、何をするか議論しようと思う」

「(ペナルティを受けることについて)僕は同意しているんだ。それは問題じゃない。そうだろう?」

「問題は何ができるかだ。それを見つけるのは少し難しいけど、解決策を見つけられるはずだ」

 フェルスタッペンはアブダビGPを3位で終え、ドライバーズランキングでバルテリ・ボッタス(メルセデス)を逆転。しかしキミ・ライコネン(フェラーリ)には2ポイント及ばず、ランキング4位に終わった。

 レース後の記者会見で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)からFIA表彰式に出る必要がないことについて触れられると、「僕たちはポイントを計算していたんだよ、ごめんね!」と答え、自らペナルティのことを引き合いに出し、次のように話した。

「社会奉仕活動に設定されでもしない限りは行かない。もしそうなるなら行こうじゃないか!」

「授賞式の前にPR活動でもするよ。会場がどれほど素晴らしいか、特別なスピーチでもしようか」

次の記事
バトン、山本尚貴を後押し「チャンスがあるのであればF1に乗るべき」

前の記事

バトン、山本尚貴を後押し「チャンスがあるのであればF1に乗るべき」

次の記事

レース後”ド派手”なドーナツの競演。参加が許されなかったグロージャン

レース後”ド派手”なドーナツの競演。参加が許されなかったグロージャン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
執筆者 Glenn Freeman