F1 モナコGP

フェルスタッペン、予選の赤旗ルールにイライラ「わざと壁に突っ込むことも可能なのはおかしい」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、F1の赤旗ルールが、モナコGP予選の最終アタックでドライバーが過度のリスクを冒す要因になっていると語った。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB18

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、2年連続でF1モナコGPの予選Q3終盤にクラッシュが起きていることを受けて、ルールを変えるべきだと考えている。

 昨年は、暫定トップに立っていたシャルル・ルクレール(フェラーリ)がプールサイド・シケイン出口でクラッシュし、赤旗で予選は終了。ラストアタックを完遂できなかったフェルスタッペンは、無線で怒りを爆発させた。

 また今年は、チームメイトのセルジオ・ペレスがポルティエでクラッシュ。カルロス・サインツJr.(フェラーリ)がこれを避けきれずに接触し、コースを塞いだことで赤旗が出てしまった。

 フェルスタッペンは、攻めすぎてクラッシュしたドライバーが、グリッドを維持したままでいられることに対して、Sワードを使って不満を露わにした。

「ウォールに突っ込んだのがチームメイトだったことに対しては、もちろん残念だし、苛立たしい」

「でも結局、ペナルティはないんだ。だから、もし最初の走行がうまくいったと分かっているなら、『ああ、そうか。戦術的にウォールに突っ込んでマシンを停めてしまおう』と考えることができる。それが可能なんだ」

 昨年は、予選でクラッシュしたルクレールがそのままポールポジションを維持したことをきっかけに、他のカテゴリーで採用されているような、セッション中断の原因となったドライバーのベストラップを抹消するなどのアイデアを採り入れるべきか、議論が行なわれた。

 だがルクレールのマシンにトラブルが見つかり、レースを走れなかったこともあってか、この議論は進んでいない。そのため現状、マシンのダメージなどを別にすれば、赤旗の原因となることに対する直接的なデメリットはないままだ。

 ルールを変える必要があるかと問われたフェルスタッペンは、次のように答えた。

「それは僕たちがしばらく取り組んできたことだ」

「壁に突っ込んだ人にとってはいいことだ。でも、僕にとってはもちろん残念なことだよ」

 フェルスタッペンは、モナコGPの決勝レースをペレスのひとつ後ろ、4番手からスタートすることになる。週末を通じて、ペレスほど乗れていない印象もあるフェルスタッペンだが、セットアップの選択によって、自分好みのシャープなフロントエンドが得られなかったと考えているようだ。

 ただ、それでもフロントロウを獲得する可能性はあったと、フェルスタッペンは主張している。

「プラクティスではいくつかのことを試してみたけど、すべてがうまくいったわけじゃないんだ。予選に向けていくつか変更し、少しは良くなったと思っている」

「ただ、フロントのグリップがずっと足りなかった。ここモナコでは、クルマが素早く曲がることがとても重要なんだけど、それができなかったんだ。そして、コーナーを攻めることができず、タイムをロスしてしまった」

「彼(ペレス)はもう少し快適に感じているようだ。彼が望んでいるようなバランスになっていて、アンダーステア気味でも速く走れるし、それが好きなんだ。でも僕としては、フロントがとても強くなければならないんだ」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1、燃料温度の監視手順を一部変更。スペインGPではフェルスタッペンがピットスタートの危機に
次の記事 ノリス、扁桃炎を患って走るF1レースの辛さを語る。スペインGPでは「何度もリタイアが頭をよぎった」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本