F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月

来季のF1移籍市場、注目はフェルスタッペン? メルセデスは”交渉していない”と明言

シェア
コメント
来季のF1移籍市場、注目はフェルスタッペン? メルセデスは”交渉していない”と明言
執筆:
2019/07/01 10:28

メルセデスのトト・ウルフ代表は、2020年のドライバーを選ぶ上で、マックス・フェルスタッペンの動向は影響しないと主張している。

 メルセデスのチーム代表を務めるトト・ウルフは、2020年のドライバーラインアップを選ぶ上で、マックス・フェルスタッペンの動向がチームのアプローチに影響を与えることはないと語った。

 レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコはオーストリアGPを前に、フェルスタッペンが来季チームに残るために必要とされる”パフォーマンス条項”をチームはクリアできていないため、フェルスタッペンがチームを離れるのではないかと懸念していることを『Auto Motor Und Sport』に明かした。

 パフォーマンス条項の詳細は明らかにされていないが、夏休み前までに優勝を果たすこと、またはその段階でコンストラクターズランキング2位につけること、などの様々な推測がなされている。

 そんな中、フェルスタッペンはオーストリアGPで怒涛の追い上げをみせ、今季初優勝。レッドブルにホームレース2年連続優勝を、ホンダに13年ぶりの優勝をもたらした。こうした状況から、フェルスタッペンがドライバー市場に出るかどうかは、より不透明となっている。

 ルイス・ハミルトンのチームメイトをまだ決めていないメルセデスにとっては、おそらく注視すべき状況となっているだろう。しかしウルフは、レッドブルの事情を考慮して計画を変更するつもりはないと語った。

 レッドブルは、メルセデスが何度かフェルスタッペンに接触していると示唆しているものの、ウルフはフェルスタッペンとは話をしていないと明言した。

 フェルスタッペンの状況について、メルセデスはチャンスと捉えているかとウルフに訊くと、彼は「私はそれについて何も知らない」とmotorsport.comに答えた。

「ここではっきりさせておこう。私はマックスと話をしていない。私はこれまでやってきたことを続けたい」

「我々はまず、現在のラインアップを評価する。他の誰かとの交渉に入る前に、ドライバーの見解について彼らと話し合う。外部のドライバーが、メルセデスに何らかの問題を持ち込む可能性があるということも事実だ」

「しかし、我々にはF1を戦うに値するエキサイティングなジュニアドライバーがいる。エステバン(オコン)は、昨年シートを失ってしまった。夏の間、今後数カ月をかけて全てのパズルを整理していく」

 契約に解除条項が存在することが明らかになった際、フェルスタッペンは自身がレッドブルを前進させるために力を注いでいると繰り返し主張していた。

 オーストリアでメルセデス加入の噂について訊かれると、フェルスタッペンは「僕よりも多くのことを知っている人がいると思うよ」と煙に巻いた。

 ハミルトンは、フェルスタッペンに関する動きは何も聞いていないとしつつ、同じチームで彼と戦うことになっても問題はないと付け加えた。

「みんな、いつも話を作り上げるんだ」

「僕は初めてそれを聞いたよ。チームは僕とバルテリ(ボッタス)のコンビに満足していると思う」

「マックスがチャンスに興味を持っていることは分かっている。もしそうなったら、”グレート”だね。僕は一緒にドライブするのがマックスであろうと誰だろうと気にしない」

次の記事
メルセデスの弱点は”高い気温”。完敗のオーストリアでアキレス腱が露呈

前の記事

メルセデスの弱点は”高い気温”。完敗のオーストリアでアキレス腱が露呈

次の記事

ホンダ田辺TD、表彰台登壇が遅れた理由を語る「でも素晴らしかった」

ホンダ田辺TD、表彰台登壇が遅れた理由を語る「でも素晴らしかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム メルセデス 発売中
執筆者 Jonathan Noble