フェルスタッペン、「現時点で実力を測ることは難しい」としながらも好調さを示唆?

シェア
コメント
フェルスタッペン、「現時点で実力を測ることは難しい」としながらも好調さを示唆?
2019/02/21 3:36

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、テスト3日目も109周を走行し順調な1日を過ごした。

 2/18(月)から行われているバルセロナ合同テストは、3日目を終了した。レッドブルのマックス・フェルスタッペンはテスト3日目に109周を走行し5番手となった。

 テスト初日にステアリングを握り124周を走行したフェルスタッペンはこの日、スピンこそあったものの“100周超え”を果たした。

 フェルスタッペンは「今日はとてもポジティブな1日でした」とホンダの公式リリースで語っている。

「テストで100周以上走行できれば、いい日と言えるでしょう。多くの周回を走行できて、様々なセッティングを試すことができました」

「ホンダとのコミュニケーションは良好で、集中しながらいい仕事ができています」

 レッドブルはバルセロナテストでの3日間、ベストタイムが1度もトップ3に入っていないが、開幕前テストにおいて目先のラップタイムが参考にならないことは言うまでもない。そして、タイムの上がってこない王者メルセデスも不気味な存在と言えるだろう。

「現時点で自分たちの実力を測ることは難しいですし、メルボルンでようやくわかるものと思っています」

 そう冷静に語るフェルスタッペンだが、「マシンからは良い感触を得ています」と付け加え、好調さをうかがわせた。

 なお、テスト1回目最終日となる21日(木)は、チームメイトのピエール・ガスリーがドライブする予定となっている。

次の記事
トロロッソ、テスト3日目は”充実の1日”。クビアト「200周走りたいくらい!」

前の記事

トロロッソ、テスト3日目は”充実の1日”。クビアト「200周走りたいくらい!」

次の記事

”限界ギリギリ”走行じゃない……テスト3日目首位クビアト「まだタイムを気にする必要はない」

”限界ギリギリ”走行じゃない……テスト3日目首位クビアト「まだタイムを気にする必要はない」
Load comments
Be first to get
breaking news