F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

シンガポールの厳しい週末は、レッドブル・ホンダに対する”目覚め”への警鐘

シェア
コメント
シンガポールの厳しい週末は、レッドブル・ホンダに対する”目覚め”への警鐘
執筆:
2019/09/24 3:19

シンガポールGPで勝利に挑むことができなかったレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、この週末の結果はチームへの”目覚め”を呼びかけるための警鐘だったと語る。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、シンガポールGPの残念な週末は、チームに対する”目覚め”の警鐘になったと語る。

 フェルスタッペンは週末を通じてペースに苦労し、フェラーリやメルセデスに対峙するのに苦労。グリップ不足を訴え、予選では4番グリッドを獲得するのが精一杯だった。最終的には3位に入り、表彰台を獲得することはできたものの、フェルスタッペンはこの結果に満足していない。

Read Also:

「十分じゃなかった」

 フェルスタッペンはシンガポールGPの週末について語った。

「僕らは勝つためにここに来た。しかし、できなかった。予選は、決勝よりも悪かったんだ。チームに対して”目覚め”を促す警鐘だったと思う。オーストリア以降では、パフォーマンスに関しては最悪のレースだったかもしれない。本当に良い戦いを期待していたんだ」

「なぜうまくいかなかったのか、いくつかのアイデアがある。それを全て分析し、次のソチで良くなるかどうかを見てみるつもりだ。コースのレイアウトは、僕らにとって素晴らしいモノではなかった。でも、コーナーで機能しているかどうか、それをハッキリと見ることができる」

「ここでは明らかに、多くのコーナーで望んでいたようにマシンが機能していなかったと思う。僕らはファクトリーに戻り、より良くできる部分を探っていくつもりだ」

 フェルスタッペンは、ピットストップのタイミングでルイス・ハミルトン(メルセデス)に先行できたことを喜んだが、フェラーリに対しては手も足もでなかった。

「レースでは、少しついて行けたように思った。攻撃する立場にはなかったけど、少なくとも前を行くマシンについていくことはできたんだ。もちろん序盤は、タイヤを労わる必要があったから、本当にゆっくりとドライブしていた」

「正しいタイミングでピットストップし、ルイスをアンダーカットすることができた。それはとてもポジティブなことであり、それ以降はセーフティカーが解除される際の再スタートに注意を払うだけでよかった。全てをしっかりとマネジメントできたと思う。予選で苦労したことを考えれば、表彰台に立つことができて良かった」

 チーフ・テクニカルオフィサーであるエイドリアン・ニューウェイも、チームにとっては厳しい週末だったことを認める。

「予選のパフォーマンスはあまり満足できるモノではなかった。グリッドの4番目か3番目が、おそらく期待できる最高のグリッドだっただろう」

 そうニューウェイはmotorsport.comに対して語った。

「メルセデスはピットストップで、追い越さなければならないマシンに捕まらないようにするためにリスクを取った」

「我々はそれについてはうまく対処できた。そして問題は、ソフトタイヤの性能がすぐに低下してしまったことだった。ルイスでさえ、その車列の先頭にいた(アントニオ)ジョビナッツィ(アルファロメオ)より速く走れなかったんだ」

Read Also:

次の記事
ヒュルケンベルグは今頃後悔しているかもしれない……サインツ、1周目の事故を説明

前の記事

ヒュルケンベルグは今頃後悔しているかもしれない……サインツ、1周目の事故を説明

次の記事

ベッテル、ついに今季初優勝。“カイゼン”の確認が取れてホッとした?

ベッテル、ついに今季初優勝。“カイゼン”の確認が取れてホッとした?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第15戦シンガポールGP
サブイベント Race
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper