F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

フェルスタッペン、2度のスピンは”試行錯誤の結果”「僕たちは今回も強い」

シェア
コメント
フェルスタッペン、2度のスピンは”試行錯誤の結果”「僕たちは今回も強い」
執筆:
2019/08/03 3:31

マックス・フェルスタッペンは、ハンガリーGPのFP1での2度のスピンは、マシンの性能を引き出すための実験をしていたためだと語った。

 レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ハンガリーGPのフリー走行1回目、2度のスピンを喫した。彼は、マシンのパフォーマンスを最大限に引き出すために、実験的なセットアップで走っていたことがその理由だと明かした。

 フリー走行1回目は、雨がぱらつく不安定なコンディションとなった。そんな中、フェルスタッペンは2度もスピンを喫した。セッション残り5分のところでスピンした際には、マシンのリヤエンドが過敏過ぎると無線で不満を訴えていた。

 FP1、FP2ともに2番手タイムを記録したフェルスタッペンは、スピンはより良いセットアップを見つけるための”トライアル”の結果だったと語った。

「僕たちはたくさんのことを試した。いくつかは機能したし、一部は機能しなかった。最終的に、僕たちには競争力があると思う」

「僕はマシンにいくつかのことを試した。FP1の序盤は、マシンに満足していた。それからいくつかのトライをした。僕はそれに対し、それほど満足できなかった。マシンのフロントエンド(のグリップ)は非常に強かったけど、リヤを失っていたんだ」

「だけど、そういったことをテストするのが重要だったと思う。なぜなら、FP2で再び試したときには、バランスが良かったからね」

 FP1では、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。フェルスタッペンはレッドブルの競争力は高いものの、メルセデスがアドバンテージを持っていると考えている。

「僕たちには競争力があると思う。だけど、メルセデスは僕たちよりも少し先んじていると予想している」

「やるべきことは少し残っている。僕たちは今回も競争力があると思うけど、明日(土曜日)どうなるか見てみよう」

 フェルスタッペンのチームメイトであるピエール・ガスリーは、FP2でトップタイムをマークした。だが、彼もフェルスタッペンと同じく、メルセデスが強力だと考えており、フェラーリも侮るべきではないと話した。

「メルセデスは、僕たちが予想していたのと同じくらい強く見える。そして、フェラーリは今のところ分からない」

「僕たちは、フェラーリと戦うことになると考えている。僕たちに何ができるか、見てみよう」

次の記事
シート喪失も噂されるグロージャン「昨年の方が危うかった」とチーム残留に自信?

前の記事

シート喪失も噂されるグロージャン「昨年の方が危うかった」とチーム残留に自信?

次の記事

ハミルトン、フェルスタッペン”メルセデス加入”の可能性を語る

ハミルトン、フェルスタッペン”メルセデス加入”の可能性を語る
コメントを読み込む