F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
18 days
23 10月
次のセッションまで……
32 days
31 10月
次のセッションまで……
40 days

フェルスタッペン、予選”エネルギー切れ”の悪影響を否定。決勝は天候悪化にも期待

シェア
コメント
フェルスタッペン、予選”エネルギー切れ”の悪影響を否定。決勝は天候悪化にも期待
執筆:
協力: Alex Kalinauckas

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、ベルギーGPの予選アタックでエネルギー切れとなった影響はなかったと考えている。

 F1第7戦ベルギーGP予選で、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)は3番手を獲得した。アタックを終えてまもなく、フェルスタッペンはチームから、2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)とわずか0.015秒差だったと伝えられた。

 それに応えたフェルスタッペンは、無線で悔しそうに「エネルギーを使い果たすのが少し早すぎた」と明かした。

Read Also:

 しかし予選後、改めてエネルギーの管理について語ったフェルスタッペンは、ラップの早い段階でハイブリッドパワーを使い果たすほうが、おそらく最善だっただろうと振り返った。

「もちろん、ラップを通してエネルギーを管理しようとしているが、おそらくあれが最速のやり方だったと思う」

「最終コーナーでエネルギー不足だと、通常よりも加速していないように感じる。でもおそらく、どこか他の場所でその分のパワーを使ってるんだ」

「だから、その感触はいつも通りだ。おそらくチームに戻ってデータを見てみれば、(エネルギー管理は)最速の方法だっただろうけど、時に奇妙に感じる時がある」

 メルセデス勢の間に割って入るチャンスを逃したにも関わらず、フェルスタッペンはメルセデスとのギャップが縮まったことに、とても励まされたという。

「僕たちはこのポジションを得ることを期待していた。長いストレートがあるここで、僕たちにとってそれは簡単なことではない」

「でもFP1からすぐに、クルマのバランスが良いことが分かった。それが助けになった」

「ポジティブな週末になっているので、あまり文句はない。僕が間違っていなければ、予選においてメルセデスと最も近かったんじゃないだろうか。ここのようなサーキットでそうなるとは思っていなかったので、とても満足している。予選はかなりスムーズに進んだと思う」

 レッドブルはレースではメルセデス勢との差を縮める傾向にあるが、フェルスタッペンはポールポジションのルイス・ハミルトンと戦うことができるかどうかには懐疑的だ。

「ルイスとのラップタイム差を考えると、突然彼と戦うことができるようになるとは思えない」

「しかし何が起こるかは分からない。天候が変わって、誰にとっても少し難しい状況になるのを願っている。特にこのトラックで天候の変化があると、とても楽しいことになるんだ」

Read Also:

フェルスタッペンの3番手は悪くない……ホンダ田辺TD「万全の準備で臨む」

前の記事

フェルスタッペンの3番手は悪くない……ホンダ田辺TD「万全の準備で臨む」

次の記事

マシンの動きがより“予測”できるように? アルボン、苦戦のトンネルに希望の光か

マシンの動きがより“予測”できるように? アルボン、苦戦のトンネルに希望の光か
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
ドライバー マックス フェルスタッペン
チーム レッドブル・ホンダ
執筆者 Jonathan Noble