F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
19 3月
-
22 3月
イベントは終了しました
02 4月
-
05 4月
イベント 進行中 . . .
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
25 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
32 days
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
46 days
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
60 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
67 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
81 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
88 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
102 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
116 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
144 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
151 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
165 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
172 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
186 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
200 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
207 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
221 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
235 days

フェルスタッペン、マラケシュFEで『社会奉仕ペナルティ』を1日分消化

シェア
コメント
フェルスタッペン、マラケシュFEで『社会奉仕ペナルティ』を1日分消化
執筆:
2019/01/12 7:40

レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、マラケシュで行われるフォーミュラEのレースで、社会奉仕活動を行うようだ。

 レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンは、1月12日(土)にモロッコ・マラケシュで行われるフォーミュラE第2戦で、自身に科せられていた『社会奉仕活動2日間』のペナルティを一部消化するようだ。

 フェルスタッペンは、F1ブラジルGP決勝でトップ走行中に周回遅れのエステバン・オコン(フォースインディア)と接触し優勝を逃した。レース後、FIAの計測室でオコンと顔をあわせると、オコンの態度に我慢できずに胸を突き飛ばしてしまい、前述のペナルティを科せられていた。

 FIAがフォーミュラEのレースを訪れることを罰だと捉えているのではなく、単にこのレースが、フェルスタッペンが参加することができるシングルシーター・チャンピオンシップの最初の大きなレースだったということだ。

 フェルスタッペンはマラケシュでイベントに参加するほか、FIAのスチュワードがいるコントロールルームでレースを見守ることになるという。今回のレーススチュワードは、レッドブルF1に在籍していたこともあるヴィタントニオ・リウッツィだ。

 FIAはマラケシュでのフェルスタッペンの社会奉仕活動について、次のように声明を出している。

「マックス・フェルスタッペンは、2018年のF1ブラジルGPのスチュワードの裁定の結果として、マラケシュePrixに参加します」

「この問題に対してFIAは教育的かつ多くの情報をもたらすアプローチを採り、フェルスタッペンはトップレベルの国際的なモータースポーツイベントで、スチュワードの仕事を間近で見るオブザーバーとして、1日を過ごすことになるでしょう」

 フェルスタッペンにとって不都合なことに、フォーミュラEは基本的に単日開催であり、社会奉仕活動のペナルティは1日分しか消化できない。もう1日分のペナルティ消化の予定はまだ明らかになっていない。

次の記事
ホンダ、パワーユニットのデザインコンセプトを昨年から継続

前の記事

ホンダ、パワーユニットのデザインコンセプトを昨年から継続

次の記事

フェラーリ新代表の人選は”悪手”か。チーム最高の技術者が『政治的立場』に

フェラーリ新代表の人選は”悪手”か。チーム最高の技術者が『政治的立場』に
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , フォーミュラE
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
執筆者 Alex Kalinauckas