F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
54 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
68 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
82 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
96 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
117 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
131 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
152 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
159 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
173 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
187 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
215 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
222 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
236 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
257 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
271 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
278 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
292 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
306 days

後方スタートでも問題なし……フェルスタッペン、イタリアGPでPU交換の可能性

シェア
コメント
後方スタートでも問題なし……フェルスタッペン、イタリアGPでPU交換の可能性
執筆:
2019/09/04 9:01

イタリアGPでアップグレード版パワーユニット”スペック4”を投入することで後方グリッドからのスタートになっても、その決定に不満を抱くことはないとレッドブルのマックス・フェルスタッペンは語る。

 ホンダはベルギーGPで、レッドブルのアレクサンダー・アルボンとトロロッソのダニール・クビアトのマシンに、スペック4と呼ばれるアップグレード版のパワーユニット(PU)を投入した。この結果、ふたりはグリッド後方からスタートすることとなった。

 クビアトはこのスペック4で決勝レースを戦ったものの、アルボンは土曜日以降旧型のスペックに載せ替え、決勝もこの旧型で走った。

 スパは高低差が大きく、全開区間も長いため、PUのパフォーマンスを測る上での有用なベンチマークとなる。そんな中、新型PUを走らせたクビアトは7位でフィニッシュし、チームとホンダに貴重なデータを持ち帰った。

 まだ公式には確認されていないものの、レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、イタリアGPでスペック4のPUを投入するものとみられている。もしこれが実現すれば、彼は6つのPUコンポーネント全てですでに年間の使用制限基数に達しているため、グリッド降格ペナルティを受けることになるはずだ。

 イタリアGPでパワーユニットを交換する見通しについて尋ねられたレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、次のように語った。

「そうなる可能性が高い。今週中にそれについて決定する。しかしおそらく、我々はホンダと話し合い、彼らの考えを聞くことになると思う」

「我々が金曜日に見た、新しいPUを走らせているクビアトのデータは、励まされるようなものだったと思う。間違いなく進歩しているし、期待通りのモノがもたらされている」

 フェルスタッペンは、モンツァで後方グリッドからスタートしたとしても、中団グループのマシンを追い抜き、フェラーリとメルセデスの後方でフィニッシュできる可能性が高いと主張する。

「オーバーテイクできると思う」

 フェルスタッペンはmotorsport.comに尋ねられた際、そう語った。

「エンジンペナルティについては、まだ確定したことは何もない。でも、後方からのスタートになったとしても、おそらく大したことではないと思う」

「我々は皆、フェラーリが本当に速いだろうということを知っている。そしておそらく、後方からスタートすれば、トップ4を捕まえることはできないだろう。でも、その後ろのマシンは、抜くことができると思う」

 レッドブルとホンダは、シンガポールと鈴鹿でペナルティを受けるのは、避けたいと考えているはずだ。シンガポールは低速区間が多いため、レッドブルに適したコースであると考えられており、彼らにとっては勝利の絶好のチャンスなのだ。しかも、オーバーテイクは難しく、後方グリッドからの戦いは容易ではない。また鈴鹿は当然、ホンダのホームコースでもあり、やはりレッドブル向きのサーキットであると考えられる。

 鈴鹿にフレッシュなPUを持ち込むためには、ロシアGPで再び新型PUをプールするという選択肢も存在する。

Read Also:

次の記事
ホンダF1田辺TD、最新PUにトラブル多発のライバルたちに“驚き”

前の記事

ホンダF1田辺TD、最新PUにトラブル多発のライバルたちに“驚き”

次の記事

「タイトル争う準備できた」ルクレール、フェラーリドライバーとしての“覚悟”

「タイトル争う準備できた」ルクレール、フェラーリドライバーとしての“覚悟”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第14戦イタリアGP
ドライバー マックス フェルスタッペン 発売中
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Adam Cooper