フェルスタッペン、テスト初日の最速&最多周回に満足「クルマの感触も良くとてもポジティブ」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、自身がトップタイムを記録したF1プレシーズンテスト初日を振り返り、「とても満足している」と語った。

フェルスタッペン、テスト初日の最速&最多周回に満足「クルマの感触も良くとてもポジティブ」

 F1プレシーズンテストがバーレーン・インターナショナル・サーキットでスタート。その初日、トップタイムを記録し、最多139周を走行したマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、かなりハッピーだったと語った。

 レッドブルにパワーユニット(PU)を供給しているホンダは、F1活動最終年の今季に向けて新骨格のPUを導入しているが、フェルスタッペンは午前のセッションで1度スピンを喫した以外、順調に周回を重ね、何の問題もなく初日の走行を終えた。午後は風が強まり、砂嵐のようなトリッキーなコンディションだったが、フェルスタッペンは1分30秒674のトップタイムをマークした。

「今日はとてもポジティブな一日だった」

 そうフェルスタッペンは語った。

「トラックコンディションはとても難しかったけど、たくさんの周回を重ねることができた。とても気温が高く、風が強くタイヤのデグラデーションが大きいという状況だったから、それは簡単なことじゃないんだ」

「最初は暑さのせいで、全体的に少し難しかった。でもバイザーを交換したし、クルマの中では問題なかった。カメラで見た方がトリッキーだったと思う」

「僕たちは今日の結果にとても満足している。ペースや何かについてはどうこう言う必要はない。自分たちのプログラムをこなすだけだ」

「クルマのフィーリングはとても良くて、こんな形でテストをスタートできたのはとてもポジティブなことだと思う。当然、常に目標としていることだからね。こんな風に1日を終えることができたら、みんなとても満足だよ」

 午後のセッションは砂の影響もあり、日没後は照明下での走行となったため、視界がかなり悪いタイミングもあった。

 順調なスタートを切ったレッドブルと比べ、王者メルセデスはギヤシフトに問題を抱え、セッション中にギヤボックスを交換。午前のセッションでわずか6周しか走れず、走行距離は1日合計でもレッドブルと比べ91周少なかった。

 パフォーマンスについて、何か読み取れることはあるかと訊かれたフェルスタッペンは、次のように答えた。

「おそらくちょっとだけだね。でも僕はいつも、開幕戦の予選Q3までは待ちたいと思っている。そこでようやく、全てのマシンの本当のペースを見ることができるからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
フェルナンド・アロンソ、サイクリング中の事故で骨折した上顎を今シーズン終了後に再手術

前の記事

フェルナンド・アロンソ、サイクリング中の事故で骨折した上顎を今シーズン終了後に再手術

次の記事

メルセデス、テスト初日の走行距離はレッドブルの約3分の1「プログラムはかなり遅れている」

メルセデス、テスト初日の走行距離はレッドブルの約3分の1「プログラムはかなり遅れている」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Bahrain March testing
ドライバー マックス フェルスタッペン
執筆者 Luke Smith