F1
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
28 11月
-
01 12月
イベントは終了しました

マクラーレン離脱のパット・フライ、2020年からルノー入り。役職は未発表

シェア
コメント
マクラーレン離脱のパット・フライ、2020年からルノー入り。役職は未発表
執筆:
2019/11/03 2:24

今季限りでマクラーレンを離れることが決定していたパット・フライは、2020年からルノーに加入するようだ。

 2019年はマクラーレンのエンジニアリング・ディレクターとして短期間働いた後、現在はガーデニング休暇に入っているパット・フライ。彼の2020年の雇用先がルノーとなることが明らかとなった。

 フライが来季、ルノーでどういった役職に就くのかはまだ明確となっていない。チームの技術部門は現在、エグゼクティブディレクターのマルチン・ブコウスキーと、シャシー・テクニカルディレクターのニック・チェスターによって率いられている。

 フライは1987年からベネトンでF1キャリアをスタートさせ、1992年にはマーティン・ブランドルのレースエンジニアも務めた。その後マクラーレンに移籍するとチーフエンジニアに昇格。フェラーリ、マノーらを経て、今季は古巣マクラーレンのエンジニアリング・ディレクターを務めた。

「それは良い補強であり、良いチャンスだ」とルノーのシリル・アビテブール代表は語った。

「マルチンと彼(フライ)はマクラーレン時代に素晴らしい関係を築いている。それこそが我々が必要としているものだ」

「彼には現在、マクラーレンとの契約上の縛りが存在するが、それは全く問題ない。彼は我々の長期的なプランの一部であるから、急ぐ必要がないのだ」

「もちろん、我々は積極的にいろいろな話をしているが、基本的にリラックスしている。彼は我々のチームに加入するが、(実際に仕事をするのは)2019年ではなく2020年になるだろう」

 またアビテブール曰く、フライの正式な役職に関しては後日発表されるようだ。

 そしてフライの“旧友”であるブコウスキーも、今回の決定に際して次のようにコメントした。

「再びパットと仕事ができることを嬉しく思う。彼がやってきたことでチーム構造が改善され、新たなステップを踏むことになるだろう」

「パットの経験、才能、そして決断力は、我々が進歩を続けるにあたって助けとなっていくだろう」

 ルノーはこの他にも大きな人事異動を発表しており、ダーク・デ・ビアが空力部門の責任者として新たにチームに加わった。

Read Also:

次の記事
F1アメリカGP予選:ボッタス意地のPP獲得。上位4台が0.1秒差の大接戦

前の記事

F1アメリカGP予選:ボッタス意地のPP獲得。上位4台が0.1秒差の大接戦

次の記事

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP予選ハイライト

【動画】2019年F1第19戦アメリカGP予選ハイライト
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム ルノーF1チーム
執筆者 Adam Cooper