【速報】セバスチャン・ベッテル、2022年限りでのF1引退を発表

セバスチャン・ベッテルは、2022年シーズン限りでF1から引退することを発表した。

Sebastian Vettel, Aston Martin, waves to fans

 セバスチャン・ベッテルは、新たに立ちあげたインスタグラムのアカウントで、今シーズン限りでF1から引退することを明らかにした。

 2007年にBMWザウバーのドライバーとしてF1デビューしたベッテルは、翌2008年にはトロロッソからF1フル参戦し、同年のイタリアGPでキャリア初優勝。2009年からレッドブルに移籍し、2010年から4年連続でワールドチャンピオンに輝いた。

 その後2015年にフェラーリに移籍し、2021年からはアストンマーチンのドライバーとしてF1を戦った。

 最近では、来季以降もアストンマーチンで戦うことを示唆していたが、一転引退することを決断したようだ。

「引退の決断は、僕にとって難しいことだった。でも僕は、それについて考えることに多くの時間を費やした」

 ベッテルはアストンマーチンが発表した声明にそうコメントを寄せた。

「今年の終盤には、僕は次に何に集中するべきなのかを考えるために、もう少し時間をかけたいと思っている。僕は父親として、家族ともっと多くの時間を過ごしたいと思っているのは明らかだ」

「でも今日は、さよならを言うつもりはない。全ての人にありがとうと言うべきだろう。特にファンのみなさんにはね。F1での情熱的な応援なしでは、僕は存在できなかっただろう」

 
Read Also:
 

 

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 リカルドの”マクラーレン残留”メッセージをチーム代表が追認「驚くことではない」
次の記事 ベッテル、引退を決断した”背景”を語る「僕はセバスチャン。3人の子の父親であり、素晴らしい女性の夫だ」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本