F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

チーム代表は否定も……ベッテル、2021年にアストンマーチン入りの可能性が浮上

シェア
コメント
チーム代表は否定も……ベッテル、2021年にアストンマーチン入りの可能性が浮上
執筆:
2020/07/14 23:36

セバスチャン・ベッテルは、2021年にアストンマーチンF1チームに加入するため、契約について協議中であると考えられている。

 今季限りでフェラーリを離れるセバスチャン・ベッテルの去就については、これまでにも様々な憶測が流れてきた。しかしながら、ベッテルの事情に詳しいドイツの『ビルド』紙が報じるところによれば、彼は来季からアストンマーチンF1チームに名称変更するレーシングポイントのオーナー、ローレンス・ストロールから契約オファーを受けたようで、近々契約が成立するのではないかと示唆されている。

 レーシングポイントは現在、セルジオ・ペレスと複数年契約を結んでおり、2021年もその契約は有効だ。そしてもう一方のシートはチームオーナーの息子であるランス・ストロールが確保しており、その座は長期的に揺るがないものと見られている。

 そういった背景もあり、レーシングポイントのチーム代表であるオットマー・サフナウアーは、ベッテルがチームに加入する可能性を絶えず否定してきた。

Read Also:

 F1第2戦シュタイアーマルクGPを前に、チームの契約状況についてmotorsport.comに尋ねられたサフナウアーは、次のように語っていた。

「4度のワールドチャンピオンが我々のチームに加入するべきだと考えられているのは嬉しいことだが、それは今我々が少し速くなってきているからだろう。我々はふたりのドライバーと長期的な契約を結んでいて、彼(ベッテル)が入る余地がないのは当然のことだ」

 そもそも、当時財政難に陥っていたフォースインディアをローレンス・ストロールが引き継ぎ、レーシングポイントとして生まれ変わったのは、ペレスが起こした法的措置がきっかけである。そしてペレスのマネージャーであるジュリアン・ヤコビはオーナーであるストロールと20年来の関係を築いており、ペレスのチームにおける将来は安泰と思われてきた。

 しかしながら情報筋によれば、ペレスの契約には解約条項があり、チームが早期に交代させることが可能のようだ。興味深いことに、レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表も、ベッテルの将来について質問された際、そのような可能性をほのめかしていた。

「彼(ベッテル)にはふたつの選択肢があると思う。レーシングポイントに加入するか、1年F1から離れて、選択肢を再評価するかのどちらかだ」

 ホーナーはスカイスポーツF1に対してそう語っていた。

「ランスが解雇されるとは思わないよ! もちろん、契約はドライバーとチームの間のものだから、それは彼らにしか分からない」

「おそらくオプションや破棄条項など、そういうものがあるのかもしれない。でも我々にとっては関係のないことだ」

 チームオーナーのストロールは、チームがアストンマーチンにリブランディングされるという大きな局面の中で、ベッテルを獲得できるというチャンスを逃したくないと判断した可能性がある。彼らにギヤボックスやパワーユニットを供給するメルセデスにとっても、ベッテルは好ましい人材のはずだ。

 また、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフはアストンマーチンの株式を取得しており、アストンマーチンの新CEOには元メルセデスAMGのトビアス・ムアースが就任するなど、メルセデスとアストンマーチンは最近、その関わりを深めている。

 もうひとつ興味深いのは、ベッテルが仮にアストンマーチンに移籍した場合、彼はメルセデス陣営の人間ということになるため、将来的にシートが空いていればメルセデスに移籍する可能性も出てくるということだ。

 

Read Also:

Related video

レーシングポイントRP20、真の速さはまだまだこんなモノじゃない?

前の記事

レーシングポイントRP20、真の速さはまだまだこんなモノじゃない?

次の記事

第2戦で苦しんだアルボン、ペース不足の原因は「完全には分かっていない」とレッドブル

第2戦で苦しんだアルボン、ペース不足の原因は「完全には分かっていない」とレッドブル
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Racing Point
執筆者 Adam Cooper