デモ走行でクラッシュのベッテル、ライコネンのステアリングを使用

シェア
コメント
デモ走行でクラッシュのベッテル、ライコネンのステアリングを使用
執筆: Scott Mitchell
2018/08/30 10:10

ベッテルは、デモ走行でのクラッシュについて、ライコネンのステアリングを使っていたと説明した。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、イタリアGPに先立ちミラノで行われた『F1ライブ』に出演。しかしデモ走行でクラッシュを喫してしまった。使い慣れていないキミ・ライコネン用のステアリングを使用していたことが、その一因だったのかもしれない。

 ベッテルは水曜日の午後に行われたデモ走行で今年のマシン、SF71Hをドライブ。しかし低速でプラスチック製のバリアに接触してしまい、フロントウイングにダメージを負ってしまった。

 クラッシュしたマシンのカーナンバーはベッテルの5番となっていたが、このマシンはチームメイトのライコネンのマシンであり、ステアリングホイールもライコネンのものだったようだ。

「(チームには)謝ったよ。マシンとステアリングホイールがキミのものだったんだ。クラッチが僕のものと逆側についていた」とベッテルは語った。

「それについては考えていなかったし、(クラッシュ前の時点で)速すぎたんだ。ファンのために、ウイングを交換してもう2周できないかチームにお願いした」

「言うまでもなく僕のミスだったけど、問題はないよ」

 クラッチのパドルを左右どちらで操作するかは、各ドライバーの好みや慣れに左右される。しかしライコネンとベッテルのステアリングの違いは、それだけではない。

 ベッテルのものには、ステアリングの裏側にパドルが追加されている。しかしこれがどのような機能を持つかは未だ確認されていない。

 昨年は、ライコネンが1年を通じて同じクラッチパドルを使い続けたのに対し、ベッテルは指をはめるスロットのついたクラッチパドルを一時期使用していた。なお今シーズンは、両者が同じ仕様のクラッチパドルを使用し続けている。

 チームにとってホームグランプリとなる今週末のイタリアGPに向けてベッテルは「チームにとっては特別な週末だし、僕もそれを感じている」とコメントした。

「僕たちはモンツァ(のファンに)感動を与えたいと思うし、このフェラーリマシンは素晴らしいレースをすることができると分かっている」

次の F1 ニュース
ホンダコレクションホール、9月にレーシングカーの公開動態確認テスト実施

前の記事

ホンダコレクションホール、9月にレーシングカーの公開動態確認テスト実施

次の記事

アロンソ、スパの大クラッシュでシャシー交換。最新仕様のスペアが不足

アロンソ、スパの大クラッシュでシャシー交換。最新仕様のスペアが不足
Load comments