F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

3強の戦いは接戦か。“本当の”勢力図はスペインGPまでに明らかに?

シェア
コメント
3強の戦いは接戦か。“本当の”勢力図はスペインGPまでに明らかに?
執筆:
2019/03/26 6:03

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリ、メルセデス、レッドブルの6人のドライバーが2019年のF1シーズンをリードすると考えている。

 フェラーリはプレシーズンテストを終えた段階で、2019年のF1を制する最有力候補と見られていた。しかし、開幕戦オーストラリアGPではメルセデスの2台に歯が立たず、3位にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が入ったため、フェラーリ勢は表彰台を逃すこととなった。なお、フェルスタッペンのチームメイトであるピエール・ガスリーは予選、決勝ともに戦略が噛み合わず、11位に終わった。

 オーストラリアGPでのパフォーマンスが、フェラーリのニューマシンSF90の性能を表すものにはならないとチームは考えており、ドライバーのふたり(セバスチャン・ベッテル、シャルル・ルクレール)もメルセデス、レッドブル、そしてフェラーリの3チームで接近したタイトル争いを演じることになると感じている。

「F1には現在3つのビッグチームがあって、その全てが非常に高い戦闘力を誇っている」とベッテルは言う。

「僕たちふたりはタイトル争いから一歩抜け出したいと考えているが、3チームはかなり接近した戦いになるだろう」

「ピエールの予選は不運だったと思う。彼が週末を通じて、マックスから大きく離されたようには思わなかった。彼のレースはスタートの時点でかなり苦しいものだったと思う」

「結局のところ、これら3チームの6人のドライバーがタイトル獲得の権利を持っていると思う」

 メルセデスのルイス・ハミルトンもベッテルと同じく、「上位3チームでの本当に、本当に良い戦い」が繰り広げられると考えている。

 メルセデスはオーストラリアGPの予選でフロントロウを独占。決勝でもワンツーフィニッシュを決めた。

 しかし、オーストラリアのアルバート・パーク・サーキットは例年メルセデスが速さを見せているトラックであり、ハミルトンは3強の本当の勢力図はスペインGPまでの間に徐々に明らかになっていくと考えている。

「開幕戦の結果だけでは勢力図がわからないものだ。最初の4レースで僕たちの位置がわかってくるだろう」

「僕は水晶玉を持っている訳ではないから、今後を占うことはできない。でも僕たちがここから先へ、上へと進んでいくことは保証できる」

次の記事
ミック・シューマッハーがバーレーンテストでフェラーリF1をドライブへ

前の記事

ミック・シューマッハーがバーレーンテストでフェラーリF1をドライブへ

次の記事

開幕戦は“期待はずれ”……ルノー、バーレーンGPで巻き返しを狙う

開幕戦は“期待はずれ”……ルノー、バーレーンGPで巻き返しを狙う
コメントを読み込む