ベッテル「ポイントのためには“狐みたいにずる賢く”なれ!」鍵はタイヤマネジメント?

シェア
コメント
ベッテル「ポイントのためには“狐みたいにずる賢く”なれ!」鍵はタイヤマネジメント?
執筆:
, Grand prix editor

F1第15戦バーレーンGPの予選で2台揃ってQ2敗退を喫したフェラーリ。セバスチャン・ベッテルは決勝レースでポイントを稼ぐためには、タイヤ戦略を“狐のようにずる賢く”しなくてはならないと語った。

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれているF1第15戦バーレーンGP。その予選でフェラーリ勢は苦戦し、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは共にQ2で敗退。それぞれ11番手と12番手から決勝レースに挑むこととなった。

Read Also:

 ベッテルが予選Q3へ進めないのは、これで実に11戦連続のこと。彼はQ2終了後の無線で敗退を知ると、苛立ちを顕にしていた。 

「予選はタフだしタイトだった」と、ベッテルは語る。

「セクター2は理想的ではなかったと思うし、ジョージ(ラッセル)に接近しすぎていた。それも助けにはならなかったと思う。それから最終セクターのストップアンドゴーでフロントを機能させるのに苦労していたんだ」

「おそらくもう少しタイムは削れたと思う。セクター2は素晴らしいわけじゃなかったしね。ただ全体としては僕たちの今週末の位置は、多かれ少なかれ決まっていたと思う」

「でもレースは明日だ。1周の争いじゃない。だから何ができるか見てみよう」

 バーレーンGPにおける鍵はタイヤマネジメントということになるだろう。多くのドライバーが週末を通して、タイヤのデグラデーションに苦労しており、特にソフトタイヤはレースで使うことは敬遠されているように見える。そのためか、予選トップ10は全車がミディアムタイヤでスタートする。

 ベッテルはレースについてフェラーリは“タイヤバトル”をすることになるだろうと語る。ポイントを獲得するためには、戦略面で抜け目なく戦う必要があると考えているのだ。

「このコースはタイヤにとても、とても厳しい。明日はタイヤのマネジメントが鍵になるだろう」と、ベッテルは語る。

「狐のように狡猾になることができれば、チャンスがあると思う。そうじゃなかったら、長いレースになるだろうね。でも僕はポイントを稼ぐいいチャンスがあると思っているんだ」

 また同じく予選Q2敗退を喫したルクレールは、アタックの中にタイムを失った箇所があったと語るが、同時にスタート時のタイヤを選べる位置からのレースは悪くないとも述べた。

「いつももっと上手くやれると思うけど、それは皆がそうなんだと思う」と、ルクレールは言う。

「ターン4ではかなり失った部分があったと思う。でもそういうことだ。僕らはレースを11番手と12番手からスタートするけど、自由にタイヤを選ぶことができる」

「トップ10もミディアムタイヤだから、どれくらいそれを活かせるかは分からない。でもミディアムタイヤでスタートするのは悪くないと確信している」

「僕らは最善を尽くした。これが今日僕らにできることだったんだ」

 

Read Also:

F1バーレーンGP予選:ハミルトンが完璧な仕事で今季10度目ポール。フェルスタッペン3番手

前の記事

F1バーレーンGP予選:ハミルトンが完璧な仕事で今季10度目ポール。フェルスタッペン3番手

次の記事

アルファタウリ、2台揃ってQ3進出。それを”残念”と思えるのは「素晴らしいこと」

アルファタウリ、2台揃ってQ3進出。それを”残念”と思えるのは「素晴らしいこと」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Luke Smith