F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
4 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
18 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
24 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
38 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
52 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
59 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
73 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
80 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
94 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
108 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
136 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
143 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
150 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
164 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
171 days
07 10月
次のセッションまで……
178 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
192 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
199 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
207 days
03 12月
次のセッションまで……
235 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
244 days

チームオーダー無視は正義か悪か……ベッテル「自分のために戦うべき時もある」

セバスチャン・ベッテルはこれまでのF1キャリアでチームオーダーを巡る問題に度々直面しているが、状況次第では自分のために戦う必要があると語った。

チームオーダー無視は正義か悪か……ベッテル「自分のために戦うべき時もある」

 フェラーリは今季、4度の世界王者であるセバスチャン・ベッテルと新加入のシャルル・ルクレールという布陣で戦っているが、レース中に度々チームオーダーを発令している。これについてチーム代表であるマッティア・ビノットは、ドライバーをコントロールすることができれば、フェラーリにとって利益になると繰り返し主張している。

 しかしながら、そのチームオーダーは時折裏目に出た。ロシアGPのスタートではポールポジションのルクレールが3番グリッドのベッテルにスリップストリームを使わせ、ワンツー体制を築くという作戦に出たが、勢い余ってベッテルが首位に立ってしまった。ベッテルはその後、ルクレールにポジションを譲るようチームから指示を受けたが、それに従わなかった。

 これはベッテルがレッドブルに所属していた2013年のマレーシアGPを思い起こさせる出来事だった。このレースでベッテルは、順位をキープせよというチームオーダーに従わず、チームメイトだったマーク・ウェーバーをパスして優勝した。

 ベッテルはロシアGP終了後にチームと議論した結果、自身が間違っていたことを認めたが、レース直後はチーム内の合意に違反したとは思っていなかったようだ。

「マシンの中では全てのことを把握するのが難しいんだ」とベッテルは語った。

「それは状況によって異なる。だから『あれは正しかった。あれは間違っていた』と決めつけることはできないと思う」

「マークとチームメイトだった時(2013年)を振り返ると、間違いなく状況は異なっている。何故なら僕たちはチームとして既に何年も働いていたからだ。僕たちの関係がうまくいっていたとは思わないけどね!」

「そしてその時(マレーシアGP)が来て、頼みごとをされた。僕はそれまで彼(ウェーバー)から何の手助けも受けてこなかったのに、なぜそれを引き受けなきゃいけなかったんだろう?」

「そういうわけで、今回は少し異なった状況だったけど、最終的に自分を守れるのは自分だけなんだ。時には自分が正しいと思ったことを貫くために、自分のために行動する必要がある。最終的にそれが正しいことだったのか間違ったことだったのかは、また別の話だ」

 ベッテルはまた、現在のF1は“チームスポーツ”の色が強くなってしまったため、ドライバーの利己的な一面があまり見えなくなってきていると語った。2015年にフェラーリに加入して以降は、特にチーム最優先である必要性を感じているようだ。

「特に現在では難しい問題のひとつだ」とベッテルは続けた。

「70年代、80年代、そして90年代と比較すると、あの頃はドライバーが主役だったように思う」

「もちろん当時もチームありきのドライバーだったが、今では昔以上に、自分をサポートしてくれる様々な人たちに対する責任があると思う」

「それは特にフェラーリで顕著だ。ここでは“チーム”が他の何よりも大きな存在だと言っても過言ではない。もちろんドライバーよりも大きい」

Read Also:

Podium: race winner Sebastian Vettel, Red Bull Racing, second placed Mark Webber, Red Bull Racing

Podium: race winner Sebastian Vettel, Red Bull Racing, second placed Mark Webber, Red Bull Racing

Photo by: XPB Images

シェア
コメント
「まだ改善できる」“高み”を目指すハミルトン、タイトル6回でも慢心無し

前の記事

「まだ改善できる」“高み”を目指すハミルトン、タイトル6回でも慢心無し

次の記事

今季残り2戦。大接戦を制するのは誰? ブラジルGPの見どころと配信スケジュール

今季残り2戦。大接戦を制するのは誰? ブラジルGPの見どころと配信スケジュール
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム フェラーリ
執筆者 Scott Mitchell