F1 オーストリアGP

ベッテル、ドライバーズブリーフィング途中退席で罰金へ。執行猶予つきで約350万円が科される

セバスチャン・ベッテルはF1オーストリアGPのドライバーズブリーフィングを途中退場したことが問題となり、FIAからは今後問題が起きた場合2万5000ユーロの罰金を科すことが伝えられた。

Sebastian Vettel, Aston Martin

 F1第11戦オーストリアGPの初日にはドライバーズブリーフィングが行なわれたが、そのブリーフィングを途中退場したことでセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は罰則を受けうることになった。

 ベッテルがドライバーズブリーフィングを途中退場した理由については、現在のルールや裁定の履行について緊張が走った結果、抗議の意思表示として退場したと見られている。

 2日目のスプリントレースが行なわれた後、ベッテルは召喚を受けFIAの聴取を受けた。その結果FIAはベッテルに対して執行猶予付きで2万5000ユーロ(約346万円)の罰金を科すことを通達した。

 FIAの声明には次のように記されている。

「ドライバーのセバスチャン・ベッテルは、7月8日金曜日19時30分に開かれたドライバーズブリーフィングを許可なく去り、ミーティングへの不満を表明した」

「ドライバー陣は好き勝手に離れることはできない。これは出席要件に抵触するものだ。このレベルのドライバー陣は世界中の全てのドライバーのロールモデルであり、スチュワードの見解ではこのケースでベッテルは基準に達していなかった」

「その後、ベッテルはレースディレクターと面会し謝罪を行ない、さらに当該の話題を含む非常に建設的な話をしたと、スチュワードへ伝えられている」

「スチュワードはペナルティ無しでは済まない違反があると判断したものの、レースディレクターからの報告に基づいて、緩和する要因も存在した」

「その結果、スチュワードは2万5000ユーロの罰金を命じる。これはFIA F1スポーティングレギュレーションの第20.1条もしくは国際競技規則第12.2.1条f項に対する違反を条件として、2022年の残る期間は執行猶予となる」

 つまり、ベッテルは残るシーズン中にドライバーズブリーフィングを欠席したり、国際競技規則の条文に違反した場合に罰金を支払うということになる。

 なおベッテルの召喚後には、GPDA(グランプリ・ドライバーズ・アソシエーション)の理事であるジョージ・ラッセル(メルセデス)が、スチュワードの判断に対する一貫性と説明責任を高める必要性について語り、レースディレクターをひとりに絞ることを求めるなど、ドライバー側からの要望も伝えられている。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ルクレール、スプリントでのチーム内バトルにチクリ?「決勝はそんなことする余裕はない」
次の記事 マシンが完全に”ブラックアウト”! アロンソ、スプリントを走れず「何か大きな問題がある」

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本