F1
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベント 進行中 . . .
14 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
14 days

予選3番手のベッテル、メルセデスとの差を実感するも、レースでは直線での勝負に自信

シェア
コメント
予選3番手のベッテル、メルセデスとの差を実感するも、レースでは直線での勝負に自信
執筆:
協力: Stuart Codling
2019/04/13 11:30

セバスチャン・ベッテルは、中国GPでのメルセデスとの差が“大きすぎる”と言い、未だプレシーズンテストの速さを再現できていないと語った。

 F1第3戦中国GPの予選でフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、トップから0.301秒差の3番手だった。

 バーレーンGPでは速さを発揮したフェラーリだったが、迎えた中国GPではフリー走行1回目以外メルセデスに遅れをとるという状況が続いており、予選でもメルセデスにフロントロウを独占されてしまった。

 予選後にベッテルは、メルセデスとの差について「大きすぎる」と答えた。

「その差をひっくり返したいところだが、悪いセッションでもなかった」

「僕らとしては、昨日からマシンを改善することができたと思うので、そこには満足している」

「ただ、完全に満足したわけではない。1周をまとめるのは少しトリッキーで難しかった」

 しかしベッテルは、フェラーリは決勝では直線での速さを活かして、“コーナーで恐ろしく速い”メルセデスに挑戦できると考えている。

「彼らのすぐ後ろについて追い抜けるかどうかが重要なので、明日はいくつかのオプションがある」

「僕らは直線でアドバンテージがあるので、近付いた時に何かできるかもしれない。ただレースは長い。明日は良い日になるだろう」

 しかしベッテルは、フェラーリがプレシーズンテストで見せた強さを再現しようと模索していることを認めた。

「僕たちはバルセロナテストで非常に良いスタートを切った。それ以来、僕らはそれを再現するのに苦労しているように思う」

「これまでの2レースでは小さな問題があったので、マシンに乗って問題を確かめたり、セットアップを変えたりしていて、満足のいくものではなかった」

「僕たちにも理解するべきことがますます増えてきている。ただマシンは強力なので、それを引き出せるかどうかは僕たち次第だ」

次の記事
「F1は趣味のようなもの」39歳ライコネン、再びレースを楽しめるようになったと語る

前の記事

「F1は趣味のようなもの」39歳ライコネン、再びレースを楽しめるようになったと語る

次の記事

フェルスタッペンを抜いたベッテルは正しい判断……マグヌッセンは見た

フェルスタッペンを抜いたベッテルは正しい判断……マグヌッセンは見た
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第3戦中国GP
サブイベント Q1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中 , メルセデス 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy