F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
21
:
10
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

ファンがいなくてよかった……地元戦で“全滅”のフェラーリ。ベッテルが本音を吐露

シェア
コメント
ファンがいなくてよかった……地元戦で“全滅”のフェラーリ。ベッテルが本音を吐露
執筆:

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリが2台リタイアに終わったF1イタリアGPを振り返り、今年はファンがいなくてよかったと語った。

 今季厳しい戦いを強いられているフェラーリは、母国レースのイタリアGPでも散々な結果に終わった。予選ではセバスチャン・ベッテルがQ1敗退、シャルル・ルクレールがQ2敗退に終わり、決勝では共にリタイア。フェラーリがイタリアGPで2台揃ってリタイアしたのは、1995年以来実に25年ぶりだ。

Read Also:

 ベッテルはレース中にブレーキトラブルに見舞われ、ターン1を止まりきれず、ポリスチレン製のブロックを破壊しながらエスケープロードを直進。その後マシンを止めた。一方でルクレールは、最終コーナーのパラボリカでクラッシュ。赤旗中断の原因にもなった。

 フェラーリにとっては痛ましい結果に終わったが、ベッテルはレースを振り返り、“ティフォシ”と呼ばれる熱狂的なフェラーリファンたちが会場にいなかったことは、おそらく幸運なことだったと語った。

「今年はこれまでとは全く違うわけだから、そういう点ではファンがいないのは良いことかもしれない」とベッテルは言う。

「人生とはそういうものだ。今、良いことがなくても、その中でポジティブなことはいくつか存在する。あとは何に集中しているかが問題だ」

「僕たちが集中しているのはマシンとレースに関することだから、そういう点で今回のレースが僕たちにとって厳しいものだったのは確かだ。でも顔を僕たちは顔を上げて来週のレースを楽しみにしないといけないし、例えそれが数えるくらいしかなくても、ポジティブなことに目を向けないといけない」

 ベッテルはまた、ブレーキの問題が発生した場所が第1シケインであったことも幸運だったと話した。そこには減速するのに十分なランオフエリアがあり、危険を回避することができたからだ。

「(ブレーキのトラブルは)正直最悪の事態だったけど、少なくとも場所は良かった。他の場所だったらあまり良くないことになっていたかもしれない」

「ペダルの圧力が完全に失われてしまって、そのまま真っ直ぐ(ターン1を)走ってしまった。その前の周はコントロールできていたけど、状態はかなり悪かった」

「原因を理解する必要がある。幸いにもランオフの広いターン1で起きたけど、あんなにブレーキが効かなくなったことは初めてだ」

 一方、パラボリカに進入する際にミスを犯してウォールに激しくクラッシュしたルクレールは、次のように説明した。

「マシンのコントロールを失ったんだ」

「僕のミスだけど、正直かなり厳しいレースだった。最初のセットのタイヤでは相当苦労していた」

「セーフティカーが出た時は不運だと思ったけど、ピットレーンがクローズになったのはラッキーだった。その後履いたハードタイヤではかなり苦戦していた。プッシュしようと思ったけど、パラボリカでコントロールを失い、クラッシュしてしまった」

 高速でウォールにクラッシュしたルクレールだったが、自力でマシンを降りた後にメディカルセンターを訪れ、全て問題なしとの診断を受けた。彼はムジェロで行なわれる次戦トスカーナGPに影響が出ないことを願っている。

「全然問題ないと感じている。少し痛みはあるけど、大丈夫だろう。大きいクラッシュだったのでそれは普通のことだし、体調は問題ない」

 

Read Also:

「勝利が手から滑り落ちてしまった」ストロール、イタリアGP3位も悔い残る

前の記事

「勝利が手から滑り落ちてしまった」ストロール、イタリアGP3位も悔い残る

次の記事

我々の週末ではなかった……レッドブル、痛恨の無得点「来週は戻ってくる」

我々の週末ではなかった……レッドブル、痛恨の無得点「来週は戻ってくる」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble