水曜日、トラックウォークを共に……ベッテル、ホワイティングの急死に「信じられない」

シェア
コメント
水曜日、トラックウォークを共に……ベッテル、ホワイティングの急死に「信じられない」
執筆:
2019/03/14 11:17

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、水曜日に共にトラックウォークをしたチャーリー・ホワイティングが急死したことに、大きなショックを受けていると語った。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1レースディレクターであるチャーリー・ホワイティングが水曜日の夜に急死したことに、大いにショックを受けていると語る。

 水曜日、ベッテルとホワイティングは、アルバートパーク・サーキットのピットレーン出口で出会い、サーキットの最初のセクションを並んで歩いた。コースの状況を点検しながらだ。

 しかし木曜日の朝、ホワイティングが急死したことが明らかとなった。ベッテルは当初、その知らせを信じられなかったという。

「誰もがそうであるように、僕も同じくらいショックを受けたと思う。特に僕は、昨日彼と話をし、そして最初の2〜3つのコーナーを一緒に歩いたんだ」

 そうベッテルは語った。

「彼がそこにいないということを、受け入れるのはとても難しいことだ」

「僕は長いこと、彼のことを知っている。レギュレーションや、その他の取り決めがそこにある。そして彼は、それを我々に仲介する役割だった」

「誰でも、いつでも、彼に尋ねることができた。彼は誰に対してもオープンだし、そしてそのドアはいつも開かれていた。彼はレーサーだったし、とても良い人だった」

 ウイリアムズからF1復帰を果たすロバート・クビサも、水曜日にベッテルやホワイティングと同じタイミングでコースウォークに出た。しかし、彼らふたりを邪魔しないようにしたという。

「それは実に厳しい知らせだ」

 そうクビサは語った。

「昨日、僕はセバスチャンがチャーリーと共に歩いているのを見た」

「金曜日のドライバーズブリーフィングで、彼に会うはずだった。だから僕は、彼らを邪魔しないことにしたんだ」

「彼(ホワイティング)は、F1のアイコンのような存在だった。それはF1に限ったことではない。セブが言ったように、彼はレーサーだった。しかしその一方で、レギュレーションの全てを遵守する立場だった。そして、彼は本当に親切な人だった。とても悲しい瞬間だ」

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、最近行われたスチュワードの集会で、ホワイティングと共に過ごした。

「僕はジュネーブで彼と会い、1日を共に過ごした。そして、多くのことを話し合ったんだ。だから、今回のことはとてもショックだった」

 そうフェルスタッペンは語る。

「会場を後にする時、僕は彼に『オーストラリアで会いましょう』と言ったんだ。だからこのニュースを聞いた時、とても信じられなかった。まだ66歳なのに」

「毎日、そして毎朝目覚めることを、感謝しなければいけない。そして人生を楽しまなければいけない。F1だけではなく、人生のその他のことについてもだ」

「現時点で最も重要なことは、彼の家族や友人、そして親しい人たちのことを想っているということだ」

 世界王者のルイス・ハミルトンも、ホワイティング急死に際して「ショックを受けた」と語った。

「この悲しい知らせを聞いて、僕は本当にショックを受けた。僕の想いや祈りは、彼の家族と共にある」

「彼がこのスポーツのためにしたこと、そして彼の献身的な働きを考えれば、トト(ウルフ/メルセデスのチーム代表)が言ったように、彼はF1の柱のような存在だった。スポーツ界において、象徴的な姿だった。彼の安らかな眠りを祈っている」

DAZN2ヵ月無料キャンペーン
DAZN × motorsport.com 「DAZN 2カ月無料キャンペーン」を3/14〜17にかけて実施!
次の記事
ホンダF1、”新たな挑戦”の始まり。田辺TD「ここまでの準備は順調」

前の記事

ホンダF1、”新たな挑戦”の始まり。田辺TD「ここまでの準備は順調」

次の記事

ついに開幕2019年のF1。DAZNの実況・解説・制作陣が意気込み

ついに開幕2019年のF1。DAZNの実況・解説・制作陣が意気込み
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
執筆者 Jonathan Noble
まずは最新ニュースを読む