ベッテル、メディアへの不信感募る「チームオーダーをめぐる報道は”お粗末”」

シェア
コメント
ベッテル、メディアへの不信感募る「チームオーダーをめぐる報道は”お粗末”」
執筆:
2019/04/17 10:07

セバスチャン・ベッテルは、中国GPでフェラーリが出したチームオーダーをめぐる報道を批判した。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1中国GP決勝でシャルル・ルクレールに対して出されたチームオーダーを巡る報道に苦言を呈した。

 ここ数シーズン、意思決定力不足でチャンスを逃してきたフェラーリは、新代表のマッティア・ビノットの下、その意思決定に明確な方針を設定することにした。

 フェラーリに昇格したばかりでまだ若いルクレールと比べれば、すでに4度タイトルを獲得した経験を持つベッテルの方が、タイトル争いにおいて有力候補だと考えるのは自然だろう。そのため、ビノットは”五分五分の状況”であれば、ベッテルを優先すると明言していた。

 ルクレールは、F1中国GPの序盤3番手を走っていた。しかしレースの早い段階でチームからベッテルを先行させるよう指示された。さらにその後、ルクレールは早めにピットストップを行ったマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)にも先行され、最終的に5位でレースを終えた。

 チームオーダーが、フェラーリがタイトルを獲得するための最良の方法なのかと訊かれたベッテルは「僕は分からない。ルイス(ハミルトン)あたりに訊いてよ」と答えた。

「今回のようなことを目にしたのは、初めてじゃない。マッティアが言ったように、僕たちはチームとしてやれることを全てやろうとしている」

「2週間前(バーレーンGP)はシャルルの方が速かった。だからとても単純で、追い抜くのもより簡単だっただろう」

「レース後の混乱は、僕たちが3位と4位でレースを終えられなかったことで起きたんだと思う」

「僕はシャルルよりも前に行きたいし、シャルルも僕より前に行きたい。それ以上、話を大きくするつもりはない。それはいつも難しいことだ」

 開幕から3戦連続でチームオーダーを発令したにも関わらず、メルセデスに3連続ワンツーフィニッシュを許してしまっているフェラーリ。そこには何か特定の原因があるのかと訊かれたベッテルは、メディアへの皮肉を交えて次のように述べた。

「いや、ない。僕から見れば、それはお粗末なジャーナリズムだ」

「でも、僕はジャーナリストじゃない。だから個人的な判断をすべきではないんだ」

 中国では、ベッテルがメルセデス勢についていけるかどうかを確認したがったチームは、タイヤに苦しみ始めたルクレールに対し、ベッテルに前を譲るように指示をした。

 ベッテルは、チームオーダーを要求したか、あるいはチームオーダーをフェアだと感じるかと訊かれると、メディアへの不信感を露わにした。

「僕はそういった質問に直面しなければならない瞬間が来ると分かっていた」

「答えたくない。あなたたちの働き方に少し反対しているからだ。ここで喋った答えの一部を切り取って、間違った光の当て方をするからね」

「全員じゃないけど、一部の人たちがそうやっていると思う」

「30分後にパドックでもう一度同じ質問をしてくれたら、僕は君に簡潔に答えるよ。それを書き留めたり録音したりしないでほしい」

「僕は速いマシンに乗っていた。もっと速く走れるかどうか尋ねられて、できると思うと答えたんだ」

 また、ベッテルはチーム内でのドライバーの序列に関しても「イライラする。何度も同じ質問に答えるのは苦痛だ」と付け加えた。

「最優先なのは、いつだってチーム内のことだ。こんなこと(取材対応)は決して楽しくはないけれど、”因果応報”ってこともあるしね」

「常に正しいことをやろうとしているなら良い。だけどそれが簡単なことじゃないことも分かる」

Additional reporting by Roberto Chinchero

次の記事
アゼルバイジャンGPのタイヤ選択が明らかに。メルセデス、フェラーリはミディアム重視

前の記事

アゼルバイジャンGPのタイヤ選択が明らかに。メルセデス、フェラーリはミディアム重視

次の記事

メルセデス代表もフェルスタッペン獲得を否定「報道を聞いて笑ったよ」

メルセデス代表もフェルスタッペン獲得を否定「報道を聞いて笑ったよ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Scott Mitchell
まずは最新ニュースを読む