F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .

フェラーリ、衝撃の同士討ち。ドライバーふたりはレース後スチュワードに召喚

シェア
コメント
フェラーリ、衝撃の同士討ち。ドライバーふたりはレース後スチュワードに召喚
執筆:
2019/11/17 20:51

F1ブラジルGPで同士討ちを演じたフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは、レース後にスチュワードに召喚された。

 マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が優勝、2位にピエール・ガスリー(トロロッソ)、3位にカルロス・サインツJr.(マクラーレン)が入るという大波乱の展開となったF1ブラジルGP。数多く起きた波乱のひとつが、フェラーリ勢の同士討ちだ。

Read Also:

 71周のレースも残り6周となった66周目、フェラーリはセバスチャン・ベッテルが4番手、シャルル・ルクレールが5番手を走行していた。ターン1の飛び込みでルクレールが前に出るとベッテルもすかさず応戦し、バックストレートで2台は横並びとなった。そこで2台は接触。ベッテルは左リヤタイヤがバーストし、ルクレールの右フロントはサスペンションが完全に壊れてしまい、衝撃的な2台リタイアとなった。

 ベッテルとルクレールはレース後、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)との接触の責任を問われたルイス・ハミルトン(メルセデス)に続いて、スチュワードに召喚されることとなった。

 これに対し、チーム代表のマッティア・ビノットが次のようにコメントした。

「ふたりとも少なくとも数パーセントは(接触の)責任がある」

「ふたりはチームに対して申し訳ないと感じる必要がある。なぜなら彼らは終盤、自由にバトルをしていたからだ」

「自由な戦いの中でも、愚かな過ちはチームのために避けるべきだということは理解しているはずだ」

「そして今日、小さな接触が起こった。映像を見て分析する必要があるが、(ふたりが)ヒートアップしている時にそれをしたくはない」

「それぞれのドライバーとは既に話をしたが、今は(どちらに非があるのか)判断はしたくないし、すべきではない」

 ベッテルとルクレールはふたりとも、接触の直後は無線で激昂している様子だったが、テレビクルーのインタビューを受ける際には落ち着きを取り戻していた。

「ターン3をいい感じで抜けて(ターン4で)パスしようとしていた、そして右側にあまりスペースがなかった、それだけだ」と語ったのはベッテル。彼はチームにとって残念な結果になってしまったと話した。

 対するルクレールは「ベッテルが僕を少しずつイン側に追いやった。そして非常に接近した状態で彼がさらにイン側に動いた瞬間、接触した」と状況を説明した。

 そしてルクレールは最後にこう付け加えた。

「僕たちはふたりとも、この一件を水に流せるような“大人”な人間だと信じているよ」

Read Also:

次の記事
ハミルトン、アルボンとの接触によりペナルティ。表彰台を逃す「完全に僕のせいだ」

前の記事

ハミルトン、アルボンとの接触によりペナルティ。表彰台を逃す「完全に僕のせいだ」

次の記事

F1ブラジルGP決勝:F1史に残る乱戦。ホンダPU勢が28年ぶりのワンツー!

F1ブラジルGP決勝:F1史に残る乱戦。ホンダPU勢が28年ぶりのワンツー!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第20戦ブラジルGP
ドライバー シャルル ルクレール , セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Matt Beer