アストンマーチンF1、新車AMR21のシェイクダウンを雨のシルバーストンで実施

アストンマーチンF1チームは、シルバーストン・サーキットで新車AMR21のシェイクダウンを行なった。

Sebastian Vettel, Aston Martin Racing

Sebastian Vettel, Aston Martin Racing
1/3

写真:: Aston Martin Racing

Lance Stroll, Aston Martin Racing

Lance Stroll, Aston Martin Racing
2/3

写真:: Aston Martin Racing

Lance Stroll, Aston Martin Racing

Lance Stroll, Aston Martin Racing
3/3

写真:: Aston Martin Racing

 アストンマーチンF1チームは、3月3 日に発表した新車『AMR21』のシェイクダウンを早速4日に実施。セバスチャン・ベッテルやランス・ストロールがステアリングを握り、同チームでの初走行を行なった。

 1960年のイギリスGP以来となるF1復帰に向けて、順調にその一歩を踏み出したアストンマーチン。他の多くのチームと同様、バーレーンで3月12日からスタートするプレシーズンテストを前に、シーズン中に2日間許可されているフィルミングデーを活用し、新車の初走行を行なった。

 フィルミングデーで使用するタイヤはピレリのデモタイヤであり、走行距離は100kmまでに制限される。さらに今回、シルバーストンはウエットコンディションだったようで、AMR21はウエットタイヤを履き水しぶきをあげて周回を重ねた。

Read Also:

 ベッテルは新車発表会の際、プレシーズンテストで本格的に走行するまでは、AMR21のパフォーマンスを判断するのを待つと語った。

「シェイクダウンでちょっと分かるかもしれないけど、実際はバーレーンの安定したコンディションで感触が分かるだろう」

「サウンドからして(フェラーリと)だいぶ違う。僕のやり方で乗りこなせることを願っているよ。どうなるか見てみよう」

 シェイクダウンでの走行により、ベッテルはBMWザウバー、トロロッソ、レッドブル、フェラーリに続き、異なる5チームで走行したことになる。メルセデスのパワーユニットを搭載したマシンに乗るのはこれが初めてであり、そのパフォーマンスを楽しみにしていると話した。

「メルセデスのパワーユニットはグリッド上で最強と言われているからね」

「F1でメルセデスに乗るのは初めてだ。どんな風に機能するのか楽しみだよ」

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス代表、ハミルトン&ボッタスの残留を最優先?「彼らの意向を聞くまで他の人は口説かない」

前の記事

メルセデス代表、ハミルトン&ボッタスの残留を最優先?「彼らの意向を聞くまで他の人は口説かない」

次の記事

ベッテル、F1へのスプリントレース導入に大反対「本当の問題から目をそらしているだけ」

ベッテル、F1へのスプリントレース導入に大反対「本当の問題から目をそらしているだけ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Luke Smith