F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
3 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
17 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
23 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
37 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
51 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
58 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
72 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
79 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
93 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
107 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
135 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
142 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
149 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
163 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
170 days
07 10月
次のセッションまで……
177 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
191 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
198 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
206 days
03 12月
次のセッションまで……
234 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
243 days

ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

2021年、アストンマーチンに加入するセバスチャン・ベッテルは、ハースからF1デビューするミック・シューマッハーを喜んでサポートすると語る一方で、ミックは自分で進む道を探さねばならないとも語った。

ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

 2020年までフェラーリに在籍し、2021年はレーシングポイント改めアストンマーチンのマシンでF1を戦うセバスチャン・ベッテル。彼は同郷の伝説的ドライバーであるミハエル・シューマッハーと年齢差を越えて強い絆を築き、レース・オブ・チャンピオンズでタッグを組むなどした。

Read Also:

 そのミハエル・シューマッハーの息子であるミック・シューマッハーは、2020年のFIA F2でチャンピオンに輝き、2021年にはハースからF1デビューを果たすことになっている。ベッテルはこのミック・シューマッハーとも親しくしており、2019年のレース・オブ・チャンピオンズでコンビを組んだ。

 ベッテルはミック・シューマッハーのデビューに際し、できる限りサポートするつもりだと語った。

「喜んで、できる限りサポートさせてもらうよ。だって彼は人物としても素晴らしいし、彼の父親とも特別な関係だったからね」

 そうベッテルは語った。

「マイケル(ミハエル)がここ数年のミックの成長と、今F1にステップアップするのに立ち会えないのは残念だ」

「僕の立場から言えば、彼のことはとても好きだ。僕らは良い関係だし、僕が知っていることを全て彼に伝えられるのは嬉しいことだ」

 ミック・シューマッハーはベッテルについて、父ミハエルと同様に自分にとってのアイドルであり、良き相談相手だと語っている。これについてベッテルは「光栄に思う」と語った。

「光栄に思うよ。彼が僕の勝利を見るよりも、僕が彼のお父さんが勝つのを見た方が多いと思う。でも、喜んで手伝いたいと思うよ」

 そう語るベッテルだが、一方でミック・シューマッハーは自分で進む道を築いていかなければいけないとも付け加えた。

「喜んで手伝うけど、彼が自分で進むべき道を見つけ、その道を辿っていくことがとても重要だと思う」

「でも僕が尋ね、マイケルがそれについて何かを言ってくれたことは確かに助けになったし、アドバイスもしてくれた。僕は彼に同じことをしようと思っている」

Read Also:

シェア
コメント
激動の1年、劇的な瞬間が数多く生まれた……読者が選ぶ2020年ベストレース・ベストモーメント

前の記事

激動の1年、劇的な瞬間が数多く生まれた……読者が選ぶ2020年ベストレース・ベストモーメント

次の記事

ウイリアムズの復活は、新オーナーの”お財布”次第?「復活できないわけはない」とマクラーレンCEO

ウイリアムズの復活は、新オーナーの”お財布”次第?「復活できないわけはない」とマクラーレンCEO
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ミック シューマッハー , セバスチャン ベッテル
執筆者 Filip Cleeren