ベッテル、新マシンの“名前”明かす。アストンマーチンと縁深い『007』にちなんだものに

セバスチャン・ベッテルは2021年シーズンを戦うアストンマーチンのF1マシンに、ジェームズ・ボンドにちなんだ名前を付けた。

ベッテル、新マシンの“名前”明かす。アストンマーチンと縁深い『007』にちなんだものに

 過去F1で4度のドライバーズチャンピオンに輝いてきたセバスチャン・ベッテルは、自らのF1マシンに女性の名前を付けてきた。それも『官能的なリズ』『マルゲリータ』『ケイトの汚れた妹』など、彼の独特なネーミングセンスが垣間見えるものだった。

 ベッテルは今季、フェラーリからアストンマーチンに移籍。新天地で復活を目指すことになるが、彼は今季の相棒となるAMR21の名前が『ハニー・ライダー』であることを明かした。

 ハニー・ライダーとは、1962年に公開された映画『007』シリーズの第1作『007/ハニー・ノオ』に登場した“ボンドガール”の名前。アストンマーチンは007シリーズの主人公であるジェームズ・ボンドの愛車の代表格としても知られており、同シリーズに深い関わりを持っている。そういった経緯からベッテルはこの名前を付けたようだ。

 ベッテルは新しいマシンの名前について次のように語った。

「ハニー・ライダー……こういう名前は初めてだ。新しいストーリーが始まるから、良いと思ったんだ」

 さらにベッテルは、007シリーズの中でもドクター・ノオがお気に入りで、ボンド役の俳優もショーン・コネリーが気に入っていると続けた。

「好きな映画? 好きなボンド? ショーン・コネリーもそうだし、公平に言えばピアース・ブロスナンも僕の青春だね。でもショーン・コネリーは良いスタイルだと思うんだ。どの映画が良いか? 最初の作品が本当に好きなんだ。要するにハニー・ライダーから始まった訳だからね」

 ベッテルは今季のプレシーズンテストを充実した形で終えることができなかった。信頼性のトラブルにも見舞われ、走行機会が「100周足りていない」とコメントしていたベッテルだが、このような状況にあっても大きな心配はしておらず、短いフリー走行の時間も活かしながらチームは進歩を遂げられると考えているようだ。

「これから起こることに対して、誰もが完璧な準備をしている訳ではないと思うんだ」とベッテル。

「レースはたくさんあるんだ。テストではあまりうまくいかなかったけど、そういうこともある」

「僕たちは今妥当なポジションにいると思っている。だからこそ走行時間を活用して、すぐに予選、決勝に向けて調子を上げていけるようにしたいね」

 

Read Also:

シェア
コメント
ウイリアムズF1、ルノーのBチーム化を断固拒否「我々は独立したチームであり続ける」

前の記事

ウイリアムズF1、ルノーのBチーム化を断固拒否「我々は独立したチームであり続ける」

次の記事

F1テストで苦戦のメルセデス「どのくらいパフォーマンスを取り戻せたかはわからない」

F1テストで苦戦のメルセデス「どのくらいパフォーマンスを取り戻せたかはわからない」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル
チーム アストンマーチン・レーシング
執筆者 Jonathan Noble