F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
54 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
61 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
75 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
89 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
103 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
110 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
124 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
138 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
145 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
159 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
166 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
180 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
194 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
222 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
229 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
243 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
250 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
264 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
278 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
285 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
299 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
313 days

”同士討ち”演じたフェラーリに喝! ロス・ブラウン「王者ハミルトンを見習え」

シェア
コメント
”同士討ち”演じたフェラーリに喝! ロス・ブラウン「王者ハミルトンを見習え」
執筆:
2019/11/20 9:49

F1スポーティングディレクターのロス・ブラウンは、ブラジルGPで同士討ちを演じたフェラーリのふたりは、正直に話し合うべきだと語った。

 F1の競技面を統括するスポーティングディレクターのロス・ブラウンは、F1ブラジルGPで同士討ちを演じたフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールについて、自らの間違いについてもっと正直に話し合うべきだと語った。

 ブラジルGPの終盤に4番手を争っていたベッテルとルクレールは、ストレートで接触。両車ダメージを負い、ダブルリタイアを喫した。

 スチュワードは、このインシデントについてどちらかに大きな過失があると判断せずペナルティは出さなかったが、フェラーリにとっては最悪の結果となってしまった。

 ミハエル・シューマッハーがF1を支配したフェラーリの黄金期にテクニカルディレクターを務めていたブラウンは、ベッテルとルクレールは自らの振る舞いを改善する必要があると示唆した。

 ブラウンはレース後のメディア・ブリーフィングで、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)との接触について非を認めたルイス・ハミルトン(メルセデス)を引き合いに出し、次のように語った。

「(フェラーリの)接触について、どちらにより責任があるか、意見を述べたくはない。しかし客観的に見れば、ふたりのどちらかがハミルトンのように、すぐに過失を認めていれば良かっただろう」

「来季、フェラーリが本当にメルセデスの支配にピリオドを打ちたいのであれば、ドライバーにもっと競争力のあるクルマを提供する必要があるだけでなく、今回のようなインシデントを繰り返さないようにしなければならない」

「F1はチームスポーツであり、特にマラネロ(フェラーリの拠点)はそうなんだ」

 ブラウンは、フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットがドライバーに、チームに対する責任を全うするべきだというメッセージを伝えたことが重要だと考えている。

「夏休み後の数レースで(ベッテルとルクレール間の)緊張感が高まった後、全てが落ち着いたように見えた」と、ブラウンは付け加えた。

「しかし今、マッティア・ビノットは物事を正しい軌道に戻すという困難な仕事に直面している。実際、彼はレース後のインタビューでそのことについて話していた」

「彼は気合を入れて、ドライバーの責任について説かなければならなかった。マラネロでは常に、個人の利益よりもチームの利益を優先しなければならないが、今回のレースはそうではなかった」

Read Also:

次の記事
セーフティカー出動は避けられなかった……F1レースディレクターが説明

前の記事

セーフティカー出動は避けられなかった……F1レースディレクターが説明

次の記事

ベッテルとルクレールの同士討ち……「今起きたのは幸運」とフェラーリ代表宣言

ベッテルとルクレールの同士討ち……「今起きたのは幸運」とフェラーリ代表宣言
コメントを読み込む