ベッテル”黄旗2本振動”無視で、5グリッド降格ペナルティ。最後尾スタートに

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、予選Q1でイエローフラッグ2本振動を警告を無視したとして、バーレーンGPで5グリッド降格ペナルティを受けることになった。

ベッテル”黄旗2本振動”無視で、5グリッド降格ペナルティ。最後尾スタートに

 アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1開幕戦バーレーンGPで5グリッド降格のペナルティを受けることになった。

Read Also:

 バーレーンGPの予選Q1最終盤、ハースのニキータ・マゼピンが、ターン1でスピンし、コースのアウト側にストップした。この際、当該区間にはイエローフラッグ2本が振られており、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、セルジオ・ペレス(レッドブル)、ジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)、そしてベッテルの4台が通過した。

 うち3台は当該区間を通過する際に十分減速したが、ベッテルはアタックを続けた。これがフラッグを無視したと判断され、5グリッド降格のペナルティと、ペナルティポイント3が科されることになった。

 ベッテルはこの件について、スチュワードに召喚され、事情を聴取された。そして前方にスモークが見え、しかしそれが前のマシンがロックアップしただけなのか、それともマシンが停まっているのかは分からなかったと主張した。

 しかしスチュワードは、ベッテルが現場に近付いた時、すでにシグナルパネルに情報が表示されており、ベッテルはそれに反応しなかったと判断した。

 イエローフラッグ2本が振られている場合、当該区間を通過するドライバーは、いつでも止まることができる速度まで減速しなければいけない。しかしベッテルはそれを守らず、アタックを続けたとされたのだ。

 またチームは、ベッテルにイエローフラッグ2本が振られていることを警告できたはずだともしている。

 結局スチュワードは、ベッテルに5グリッド降格ペナルティを科した。さらにペナルティポイント3も加算されている。ベッテルは直近12ヵ月で初めてペナルティポイントを付与される形となった。

 この結果、ベッテルはグリッド最後尾からバーレーンGPをスタートすることになる。

 

Read Also:

シェア
コメント
レーキ角の低いF1マシン、今季は苦しい?「我々とメルセデスは約1秒失った」とアストンマーチン

前の記事

レーキ角の低いF1マシン、今季は苦しい?「我々とメルセデスは約1秒失った」とアストンマーチン

次の記事

F1レースディレクター、今季は1周目のアクシデントのペナルティ判断基準を厳格化

F1レースディレクター、今季は1周目のアクシデントのペナルティ判断基準を厳格化
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント バーレーンGP
ドライバー セバスチャン ベッテル