F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
55 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
69 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
83 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
97 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
104 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
118 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
132 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
139 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
153 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
160 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
174 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
188 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
216 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
223 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
237 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
244 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
258 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
272 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
279 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
293 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
307 days

ベッテル、今季限りで引退の“噂”を一蹴。「フェラーリでの勝利が僕の使命」

シェア
コメント
ベッテル、今季限りで引退の“噂”を一蹴。「フェラーリでの勝利が僕の使命」
執筆:
協力: Scott Mitchell
2019/06/07 10:04

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、2019年で現役を引退する準備をしているという噂は“作り話”だと語った。

 セバスチャン・ベッテルはレッドブル時代に4度のタイトルを獲得し、2015年にフェラーリへ加入したが、これまでの所フェラーリにタイトルをもたらすことはできていない。

 ベッテルの現在の契約は3年間で、2020年に満了を迎える予定だ。しかし、ベッテルとフェラーリの期待を下回るスタートとなった今シーズン、彼がこのスポーツを引退する可能性があるという噂がささやかれ始めた。

 カナダGPに先駆けて、そうした噂についてベッテルに訊くと、彼は現在の状況を快適に感じていると強調した。そして、彼はまだフェラーリとの”仕事”を終えられていないと指摘した。

「僕はそういった噂がどこから湧いて出たのかわからないんだ。そういった事は一度も話したことがないからね」

「僕は自分が望めばいつでも(F1を)辞めることができる。そして恐らく、チームが望めば僕を放出できるだろう。だけど、僕はこのチームと共にいてとても満足しているし、チームもそうであることを願っている」

「ここでは、僕は“勝利”するという使命を請け負っている。そして、フェラーリと共に勝つということが、ただひとつの重要なコトであり、僕が取り組んでいることなんだ」

「今のところ、僕たちは優勝できていない。だけどまだ、やるべきことがあるんだ」

 motorsport.comが引退という噂についてどう感じるかを訊くと、彼は次のように答えた。

「誰がそういった噂を作ったのかは分からないけど、僕はその結論(引退)につながるようなことは何も言ったことはないと思う。だから何も気に病んでいたりはしない」

「そうした噂も、ジャーナリストの仕事の一部だというのは分かっているし、いくつか“面白い”ことを思いついたんだろう。だけど、それで僕は悩んだりはしない。君達はしたいようにすればいい。僕も自分のやりたいことをするだけだ」

 ベッテルは前戦モナコGPで2位を獲得し、メルセデスの連続ワンツーフィニッシュの記録を終わらせた。しかし、メルセデスの予選ペースはフェラーリを大きく上回っていた。

 カナダGPの舞台となるジル・ビルヌーブ・サーキットはパワーの影響が大きいトラックであり、強力なパワーユニットを搭載するフェラーリにとって大きなチャンスになると目されている。

「何も予想することはできない。ただ理論上では、バーレーンよりも期待が持てる様子ではある」と、ベッテルは言う。

「一方で、路面はとても滑らかだから、タイヤを作動温度領域に入れるのは難しくなるだろう。僕らはここ数戦、そこに苦戦しているんだ」

「座って待っているわけでもないし、希望がないわけじゃない。1周走って週末が終わるわけじゃないんだ。僕はかなり楽観的だし、去年はこのコースで強かったんだ」

「もしタイヤに苦戦したとしても、僕らにはいくつか策がある。それらが機能するかどうか、見てみよう」

次の記事
「予選へのアプローチを変えた」ルクレール、フェラーリでの戦い方を学ぶ

前の記事

「予選へのアプローチを変えた」ルクレール、フェラーリでの戦い方を学ぶ

次の記事

motorsport.com編集長日記:「自由をくれないリバティ」

motorsport.com編集長日記:「自由をくれないリバティ」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第7戦カナダGP
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Valentin Khorounzhiy