F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
52 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
66 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
80 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
94 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
101 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
115 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
129 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
136 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
150 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
157 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
171 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
185 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
213 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
220 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
234 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
241 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
255 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
269 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
276 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
290 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
304 days

またしても勝てず……ベッテル、次戦スペインでの逆襲は”必要不可欠”

シェア
コメント
またしても勝てず……ベッテル、次戦スペインでの逆襲は”必要不可欠”
執筆:
2019/04/28 15:56

アゼルバイジャンGP3位に終わったセバスチャン・ベッテルは、次のレースで挽回することが必要不可欠だと語った。

 F1アゼルバイジャンGPを3位で終えたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、次戦スペインGPでメルセデスに逆襲しなければならないと語った。

 今週末のフェラーリは第2戦バーレーンGP以来、再び優勝争いを繰り広げられる速さを示していたが、予選Q2でシャルル・ルクレールがクラッシュを喫し、Q3ではコンディションの変化もあって、メルセデスのフロントロウ独占を許してしまった。

 決勝は波乱の少ないレースとなり、隙を見せなかったバルテリ・ボッタスがポール・トゥ・ウィン。ルイス・ハミルトンが2位となり、メルセデスは開幕4戦連続ワンツーフィニッシュを飾った。

 今回、またしてもメルセデス勢にチャンピオンシップのリードを広げられてしまう形となったフェラーリ。ベッテルは、オフシーズンテストで好調だったバルセロナで行われる次戦スペインGPで挽回をする必要があると認識している。

「言うまでもなく、これまでの4戦を平均して現状に満足できていない。そして僕たちは、本命としてバルセロナに行くわけじゃない」とベッテルは話した。

「しかしチームには、素晴らしいスピリットがある。マシンにはいくつかアップデートもあるから……彼ら(メルセデス)を追わなくちゃいけない」

「これまでの4レースはそれほどスムーズにはいかなかったので、(スペインで)スムーズな週末を過ごすことを期待している。彼らを捕まえて、事態を好転させることが必要不可欠だ」

 ベッテルは、アゼルバイジャンGP決勝の第1スティントで、ソフトタイヤの温度を適切な作動温度領域に入れることができなかったことで、事実上終わってしまったと考えている。

「最初のスティントは本当に遅かった。初め、タイヤを作動させるのに本当に苦労したんだ」

「タイヤの温度が低すぎて、それがダメージになってしまった。その後は逆に温度が上がってしまった。タイヤが全く機能していなかったんだ」

「本当に満足できていなかったし、安定していなかった。マシンに自信を感じることができなかったんだ。通常はそんなことないのに……」

「その後、ミディアムタイヤを履いたスティントは難しいものになると思っていたが驚いた。何の問題もなくタイヤのスイッチを入れられたし、最後まで保ったんだ。はるかに満足できたし、自信を感じられた。彼ら(メルセデス勢)についていけるペースがあると感じたし、時にプレッシャーをかけることもできた」

次の記事
【動画】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レース ハイライト動画

前の記事

【動画】F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝レース ハイライト動画

次の記事

F1アゼルバイジャンGP決勝:ボッタスがハミルトンを下し今季2勝目! レッドブルのフェルスタッペンは4位フィニッシュ

F1アゼルバイジャンGP決勝:ボッタスがハミルトンを下し今季2勝目! レッドブルのフェルスタッペンは4位フィニッシュ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第4戦アゼルバイジャンGP
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Jonathan Noble