速報ニュース

ベッテル、メルセデスから”余裕”を感じる「今の時点ではメルセデスがトップ」

セバスチャン・ベッテルは、冬のテストを通じてメルセデスの新車に余裕を感じたと語った。

Valtteri Bottas, Mercedes F1 W11 EQ Performance, leads Charles Leclerc, Ferrari SF1000

 スペインのカタルニア・サーキットで行なわれたF1プレシーズンテストで、メルセデスの新車『W11』は全体最速タイムを記録した他、最も多くの周回を走行した。

 フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、フェラーリがメルセデスやレッドブルの後塵を拝しているとコメント。ドライバーのセバスチャン・ベッテルやシャルル・ルクレールもそれに同意した。

 一方、最速タイムを記録したバルテリ・ボッタス(メルセデス)は、冬の間は”奇妙な読み合い”が発生するため、彼らのコメントを真に受けないようにしているようだ。

 ベッテルはテストを通して、マシンについて「あまりにもドラッギー(空気抵抗が大きい)」だと感じたと報告している。

 メルセデスの速さを心配しているかと訊かれると、ベッテルは「メルセデスは、より余裕に見える」と答えた。

「みんな見ていたように、1ラップのアタックだけでなく、ロングランも含めて全体的に速かった」

「僕たちは良い走りだった時もあれば、悪かった時もある。時間帯によってトラックコンディションも異なるし、他のチームが何をしているのか分からないから、コメントするのは難しい」

「言うまでもなく、非常に良いパーツをテストした時と、そうでないものをテストした時では、ラップタイムにも影響があるんだ」

「おそらく今の時点では、メルセデスがトップにいる。彼らはコースに出るたびに、簡単に速いタイムを出す。他のチームは、もう少し時間がかかるんだ」

 ベッテルは、開幕戦オーストラリアGPまで確かなことは分からないとしつつ、計6日間のテスト結果から、勢力図がある程度分かったと感じたようだ。

「6日間の走行で十分だと思う。僕たちの位置はおおよそ分かっているけど、オーストラリアでは状況が違うかもしれない」

「最初の2レースで、自分たちがどこにいるかが本当に分かると思う。今、僕たちは毎日タイムシートのトップにいるわけじゃない。だから本命じゃないかもしれないが、オーストラリアで自分たちがどこにいるか見てみよう」

 

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1、レース開催は全チーム参加が条件。コロナで参加不可なら、非選手権イベントに?
次の記事 F1には大きな責任がある……ウイリアムズ副代表、新型コロナウイルスへの対策に言及

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本