F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

新たな環境で戦いを続けるベッテル、アストンマーチンF1への適応は「とても面白い」

セバスチャン・ベッテルは、アストンマーチンF1チームをもっと良く知ること、新車のステアリング特性を把握することが改善課題だと語った。

新たな環境で戦いを続けるベッテル、アストンマーチンF1への適応は「とても面白い」

 4度のF1王者であるセバスチャン・ベッテルは、今季フェラーリからアストンマーチンに移籍。新たな環境で2021年シーズンを迎えることとなった。

 先日バーレーンで行なわれたプレシーズンテストで、アストンマーチンと初めての公式セッションに臨んだが、ベッテルはまだ改善すべき点があると感じている部分があると強調した。

Read Also:

「みんなのことを知ることが大切だ。彼らが行っていることを理解するのは当然だけど、クルマについて話すことはたくさんあるんだ」

 そうベッテルは語った。

「クルマに関しては、ステアリングのフィーリングが違うんだ。もちろん、全てのF1マシンにはパワーステアリングが搭載されているけど、そのセットアップはそれぞれ微妙に異なっているんだ。結局のところ自分がクルマをドライブする時、手の中にあるのはステアリングホイールなんだ」

 アストンマーチンのマシンは、レーキ角(マシンの前傾角)の小さいマシンだ。これまでベッテルがレッドブルやフェラーリでドライブしてきたハイレーキ・コンセプトとは大きく異なっている。

「クルマの哲学は異なっている」

「違うチーム、違うクルマだから走りも少し違ってくる。パワーユニットも違うから、走らせ方も変わってくるんだ」

「公の場で比較するのはフェアではないと思うので、詳細は省くけど当然そういう違いはあって、慣れるのに少し時間がかかる」

「クルマの中の環境も、快適さという点で異なる。ペダルやシートの感触も違うんだ。小さなことだけど、それらの積み重なりなんだ」

 ベッテルは、マシンコンセプトが異なるアストンマーチンで、新しい挑戦に臨むことはとても魅力的だと話した。

「僕にとって、それはとても面白いことなんだ」

「それは単純なことじゃない。レーキ角を下げたらメルセデス、上げたらレッドブルになるわけじゃない。もっともっと複雑なんだ。もっと色々な要素が組み合わさっていることなんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
元F1ドライバーのタルソ・マルケス、新型コロナ感染で重篤な症状に苦しむ「一時は死を覚悟」

前の記事

元F1ドライバーのタルソ・マルケス、新型コロナ感染で重篤な症状に苦しむ「一時は死を覚悟」

次の記事

フェラーリF1にもはや”奇妙な”雰囲気はない……ルクレール、チームの復活を期待

フェラーリF1にもはや”奇妙な”雰囲気はない……ルクレール、チームの復活を期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル
執筆者 Jonathan Noble