F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
R
F1 70周年記念GP
07 8月
次のセッションまで……
2 days
14 8月
次のセッションまで……
9 days
28 8月
次のセッションまで……
23 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
30 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
37 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
51 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
65 days
23 10月
次のセッションまで……
79 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
87 days

ベッテル、フェラーリ離脱の真相明かす「オファーも話し合いもなかった」

シェア
コメント
ベッテル、フェラーリ離脱の真相明かす「オファーも話し合いもなかった」
執筆:
2020/07/03 1:52

セバスチャン・ベッテルはフェラーリ代表のマッティア・ビノットから2021年の残留を希望することはないだろうと電話を受けた時は驚いたと、チーム離脱の真相を明かした。

 2020年のF1がいよいよ始まるが、ドライバーの移籍市場は新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れている最中に大きく動いた。

 中でも、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが2020年限りでチームを離脱するという発表は驚きを持って迎えられた。

Read Also:

 そしてベッテルが新たに明かした情報によると、チームと契約延長について話し合いはしておらず、オファーもなかったというのだ。

「(フェラーリとの間に)何か障害があったわけじゃない。マッティア(ビノット/チーム代表)から電話を貰って、彼からこれ以上チームは契約を継続する意思がないと聞かされた時は当然だけど驚いた」

 ベッテルはチーム離脱の経緯についてそう語った。

「僕らはなんの話し合いもしていない。オファーが出されることもなかったし、それゆえに交渉で行き詰まりになっている点があるわけでもなかった」

 彼は来年のシートがまだ未定だ。そしてその点について、まだ他チームと話し合いを行なっていないと言い、仮に満足できる環境を見つけられなかった場合には、F1引退という道もほのめかしている。

「今のところ、僕は何も話し合いはしていない。本当だ」

「将来のために、僕は適切な決定にしたいと考えている」

「僕には闘争本能が備わっていると思う。このスポーツで多くのことを成し遂げてきたし、もっと結果を出していこうとしていて、モチベーションもある。そうするためには適切なパッケージや周囲に適切な人材が必要だと思っている。だから、それこそ今の僕が探しているものだ」

「適切なチャンスが見つかったら、結果は明確だ。でももしそうでない場合、おそらく他の“何か”を探していかないといけないだろう」

 

Read Also:

ハミルトン「最大のライバルはレッドブル」2年苦しんだ信頼性の問題解決には自信?

前の記事

ハミルトン「最大のライバルはレッドブル」2年苦しんだ信頼性の問題解決には自信?

次の記事

F1メカ解説|王者メルセデス”開幕”オーストリアにアップデート投入

F1メカ解説|王者メルセデス”開幕”オーストリアにアップデート投入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble