F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
8 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
15 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
36 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
50 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
64 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
92 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
99 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
113 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
120 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
134 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
148 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
155 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
169 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
183 days

コロナ危機を乗り越えるために「互いに気を配ろう」ベッテル、各チームの団結期待

シェア
コメント
コロナ危機を乗り越えるために「互いに気を配ろう」ベッテル、各チームの団結期待
執筆:
2020/04/22 3:09

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは新型コロナウイルスによって危機に直面しているF1チームが、それを乗り越えていくためにはお互いに気を配る必要があると考えている。

 新型コロナウイルスのパンデミックによってレースを行なうことができていないF1。スポンサー収入などが得られず財政的に圧力のかかる状況に対処すべく、参戦するF1チームは様々なコスト削減案の話し合いを行なっている。

 チームとFIA、そしてF1は、2021年から導入される予算上限額の引き下げについて議論を進行中だ。しかし上限金額の目標でトップチームと中団以下のチームで隔たりがあるためか、今も最終的な決定には至っていない。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルはこうした状況について、今はチームが利己的に考えるべきではないと考えている。

 またベッテルは当初2021年に導入予定だった大幅に改定されたテクニカルレギュレーションが目指していた、“スポーツをファンがより楽しめるものにする”という考えを維持しなければとも語った。

「新たなレギュレーションは各チームを接近させようというアイデアだ。この特殊な状況がスポーツをより良く、レースをより良い物にするために役立つなら、それは(新型コロナの)良い面の影響だと、僕は思っている」

 ベッテルはそう語る。

「一度本当に具体的な決定を手にして、それが実際どう機能するかを見て、初めて判断ができるはずだ」

「だけど間違いなく小規模チームにとって、この状況は彼らの存在を疑わしいものにしてしまっているし、かなり極限の状態だ。だから“F1ファミリー”として、僕らは互いのことに気を配る必要があると思う」

 フェラーリも2021年に導入予定だった新技術規則の後ろ倒し案を支持。開発に規制がかかったことで、2021年シーズンは現在のマシンでレースに出場する必要がある。

 2月に行なわれたプレシーズンテストではライバルに遅れを取っていると、チーム代表が認めるほどだったフェラーリ。新技術規則の導入により浮上するというチャンスを犠牲にするかもしれない選択だが、ベッテルはチームが正しい決断をしたという考えを示した。

「新ルール導入を2022年に延期して、2021年のレギュレーションのいくつかについてどうするかを議論するのは、正しいアプローチだと思う」

「一部を先延ばししたことは間違いなく正しい」

「フェラーリにとって悪かろうが良かろうが、今持つべき自然な関心はこのスポーツにとって何が正しいのかということだし、僕はこれがF1にとって正しい決定だと思っている」

 

Read Also:

次の記事
オランダ、9月1日までイベント禁止。MotoGPオランダは延期濃厚。F1も厳しい?

前の記事

オランダ、9月1日までイベント禁止。MotoGPオランダは延期濃厚。F1も厳しい?

次の記事

アイルトン・セナ、初勝利から35年。運を味方に、大雨エストリルを駆け抜けた日

アイルトン・セナ、初勝利から35年。運を味方に、大雨エストリルを駆け抜けた日
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble