F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

ベッテル、報酬カットについてフェラーリと議論中。でも詳細は「明かさない」

シェア
コメント
ベッテル、報酬カットについてフェラーリと議論中。でも詳細は「明かさない」
執筆:
2020/04/17 11:38

セバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルス感染拡大による危機のため、今年の報酬の削減についてフェラーリと話し合っていることは認めたものの、そこで話し合われた内容について公開するつもりはないと語る。

 セバスチャン・ベッテルは、今季限りでフェラーリとの契約が満了となる。彼はチームと契約についての交渉を始めているようだ。

 しかし新型コロナウイルスの感染拡大により、2020年のF1シーズンは未だ開幕すらしておらず、ベッテルの契約延長にまつわる状況は、より複雑になっている。

 レースが開催されないことにより、F1チームは分配金やスポンサー収入を得ることができず、財政的に厳しい状況に置かれ始めている。そのため、多くのF1ドライバーは、自身の報酬を削減することに応じている。

 ベッテルも他のドライバーたちが行なったことを承知しており、今はチームとこの問題に対する最善の対処方法について話し合っていると語った。しかしながら、どんな決定についても自慢するするつもりはないと語った。

「これは間違いなく、僕がチームと話し合っていることだ」

 ベッテルは選ばれたメディアとのテレビ会議にスイスの自宅から応じ、そう語った。

「今シーズンがどうなるのか、いつ始まるのか、レースの数はどうなるのか、どうやって行なわれるのか……まだ分からない」

「しかし僕は、僕の中で下した決断を常に明かしてこなかった。チームと僕の間でもね。それは今回も同じだ」

「だから今の時点では、イメージアップやその他のことのために、この議論を使うつもりはない」

「僕が過去にやろうと決断したことは、僕が静かにやったことだし、今回も同じだろう」

 ベッテルは2020年シーズンがどうなるのか、それが議論の鍵になると語った。

「わずか5レースになるのか、10レースになるのか、15レースできるのか、それとも全くレースができないのか、それ次第だ」

 そうベッテルは説明した。

「今は明らかに、F1はかなり深刻な状況に置かれている。そして、将来について多くの議論がなされている。では正しいこととは何だろうか? そして経済的な面でも同様だ」

「僕らは待つ必要があると思う。そしてどんなシーズンになるのかという観点から、何が起きるのかを見ていくことになる」

Read Also:

次の記事
レースを再開するために、F1はコロナウイルス検査の無駄遣いをしてはならない?

前の記事

レースを再開するために、F1はコロナウイルス検査の無駄遣いをしてはならない?

次の記事

将来の日本人F1ドライバーに必要なモノは? DAZNのF1新番組配信開始

将来の日本人F1ドライバーに必要なモノは? DAZNのF1新番組配信開始
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム Scuderia Ferrari
執筆者 Jonathan Noble