ベッテル、クラッシュについてフェルスタッペンと”個人的”話し合いを希望

シェア
コメント
ベッテル、クラッシュについてフェルスタッペンと”個人的”話し合いを希望
Jonathan Noble
執筆: Jonathan Noble
2018/10/09 1:45

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1日本GPの決勝レース中に起きたマックス・フェルスタッペンとの接触について、個人的に直接話し合いたいと考えている。

 先日行われたF1日本GP決勝レースの9周目、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはスプーンカーブで、レッドブルのマックス・フェルスタッペンをオーバーテイクしようとイン側に飛び込んだ。しかし両者は接触。ベッテルはスピンを喫し、最後尾付近までポジションを落とすこととなった。

 ベッテルはポジションを守ろうとしたマックス・フェルスタッペンの動きはあまりにも厳しかったと感じており、直接話し合うことが必要だと考えている。

 なおフェルスタッペンは、スタート直後のシケインでキミ・ライコネンと接触。5秒のタイムペナルティが科せられている。

「彼はとても速い。でも、キミとの接触に繋がったコースへの復帰の仕方は、何の役にも立たない」

 フェルスタッペンのレース中に動きについて尋ねられたベッテルは、そう語った。

「『セブがこう言ってる。マックスはこう言った』というだけで終わらせたくない。正しい時が来たら、僕は彼と話し合うだろう。その方が良いと思う」

「でもみなさんがこの質問を僕にするから、僕は答えているんだ」

 ベッテルは、スプーンカーブでフェルスタッペンに仕掛けたのは、野心的なことではなかったと主張。ライコネンとの事故によりフェルスタッペンが5秒のタイムペナルティを受けていたことを考えれば、仕掛けるタイミングを待つべきだったとの指摘を退けた。

「待つ余裕が何回あると思う?」

 ベッテルは記者団にそう語った。

「僕は彼とだけレースしているわけじゃない。前にいる全員とレースしているんだ」

「彼のバッテリーレベルは下がっていた。ライトが点滅しているのを、僕は見たんだ。僕は彼との距離を近づけたまま、S字を走っている途中にバッテリーを節約しようとした。そして、ヘアピンをうまく立ち上がることができた。そしてターン12でスリップストリームに入ることができ、(スプーンに向け)ブレーキングしてターンインする際、サイド・バイ・サイドになることができた」

「他のマシンとも同じような状況になることがあった。でも、僕らはコーナーをクリアすることができた」

「確かに、オーバーテイクがしやすい場所ではない。でも、もしサイド・バイ・サイドになっているのなら、オーバーテイクするのはフェアだと思う。僕は接触を避けるために全力を尽くした。でも彼がスペースを閉じてしまえば、僕はどこに行けばいいんだろうか?」

 ベッテルは、フェルスタッペンは接触を避けることができたはずだが、状況をより難しくしようとしたと考えている。

「問題は、彼が僕が横にいるのを見た時に、ブレーキから足を離して、プッシュしようとしたことだと思う」

 そうベッテルは語った。

「でもそれは間違ったことだと思う」

「彼は僕だけを見ていた。でも、コーナー全体を見渡すべきだと思う。そして僕らがお互いに、最初の位置でコーナリングする必要がある。その後で、イン側やアウト側に誰がいるのかを解決するべきだ」

次の F1 ニュース
レッドブル代表、日本GPでのベッテルの動きは「楽観的だった」

前の記事

レッドブル代表、日本GPでのベッテルの動きは「楽観的だった」

次の記事

ザウバー、マグヌッセン批判止まらず「大きな事故には必ず絡んでいる」

ザウバー、マグヌッセン批判止まらず「大きな事故には必ず絡んでいる」
Load comments

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
執筆者 Jonathan Noble
記事タイプ 速報ニュース