F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
04 6月
-
07 6月
Postponed
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
26 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
40 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
55 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
68 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
82 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
89 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
103 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
110 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
124 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
138 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
145 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
159 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
173 days

マクラーレン、“獲得を検討しなかった”ベッテルの将来は「ルノー移籍か引退」と予想

シェア
コメント
マクラーレン、“獲得を検討しなかった”ベッテルの将来は「ルノー移籍か引退」と予想
執筆:
2020/05/16 8:51

マクラーレンCEOのザク・ブラウンは、2021年に向けてダニエル・リカルドが既に有力な候補となっていたため、セバスチャン・ベッテルの獲得を検討しなかったと語った。

 先日、フェラーリは2020年限りでセバスチャン・ベッテルがチームを離れることを発表し、その後任がカルロス・サインツJr.となることを明らかにした。サインツJr.が抜けたマクラーレンのシートには、ルノーのダニエル・リカルドが収まることとなった。

 マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、サインツJr.がチームを去る可能性があり、フェラーリと交渉していることを冬の段階で知っていたという。

「もちろんセブ(ベッテル)は4度のチャンピオンであり素晴らしいドライバーだ。しかし我々はダニエルかカルロスのどちらかになると考えており、それ以外の人を検討することはなかった」とブラウンは語った。

「我々はオフシーズンの間にカルロスと話をして、今後マクラーレンとフェラーリどちらをドライブしたいのかについて話し合った」

「カルロスとは非常に親密でオープンな関係を築いているし、それは彼の父親やマネジメント陣も同様だ。ダニエルの獲得とカルロスの動向をこれだけ早く発表したことを考えると、それは驚くことではないだろう。このプロセスにおいて我々は非常に緊密に連携したのだ」

「新型コロナウイルスが流行する前から交渉を始めていたので、これらの動きはコロナウイルス関係なく早い段階で起こっただろう」

 新型コロナウイルスの影響で短縮シーズンとなる今季は、シャルル・ルクレールとベッテルがフェラーリでコンビを組む最終年となるが、ブラウンは昨年のようなチーム内の緊張状態が続くと予想している。

「明らかにフェラーリのドライバーや経営陣を取り巻く環境は良くない。現時点では暖かいファミリーのようには見えない」とブラウンは言う。

「ブラジルで見られたような衝突は、色んなものが積もり積もって起こった避けられないものだったと思う。だから2020年はさらにエキサイティングなレースが繰り広げられると予想している」

 またブラウンはベッテルの今後についても言及した。彼はベッテルがルノーに移籍する可能性があると言うが、このまま引退する可能性の方が高いのではないかと考えている。

「セブを取り巻く状況を考えると、メルセデスやレッドブルの線はないように思う。彼にとってマクラーレンというチャンスはなく、もちろんフェラーリにも入れない。そうなると、ベストなのはルノーだ」

「ただそこで疑問なのは、セブが2021年に勝つ見込みの少ないチームに行きたがるのか? という点だ」

「(ルノーは)素晴らしいチームであり、もっと上位に行くべきチームでもある。ただセブが復活を目指せるようなチームに行けない限り、彼は残念ながらこのスポーツから離れることになるだろう」

 

Read Also:

次の記事
F1ベルギーGP、開催に“青信号”が点灯。政府が無観客レースを承認

前の記事

F1ベルギーGP、開催に“青信号”が点灯。政府が無観客レースを承認

次の記事

F1シンガポールGP、今季のグランプリ開催に向け”対話”を継続中

F1シンガポールGP、今季のグランプリ開催に向け”対話”を継続中
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Adam Cooper