F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

ドライブするのが難しいマシン……惨敗ベッテル「スピンは僕のミス」

シェア
コメント
ドライブするのが難しいマシン……惨敗ベッテル「スピンは僕のミス」
執筆:
2019/03/31 21:07

フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、彼のマシンはバーレーンGPで”ドライブするのが非常に難しかった”と語る。その一方で、大きくポジションを落としたスピンを自分のミスだと認める。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、バーレーンGPの決勝レースを5位でフィニッシュした。

 2番グリッドからのスタートとなったベッテルは、抜群の蹴り出しでポールポジションのチームメイト、シャルル・ルクレールを攻略。しかしペース自体はルクレールの方が優れており、すぐに首位の座を明け渡すこととなった。その結果、メルセデスのルイス・ハミルトンと2番手を争うこととなった。

 ふたりは非常に激しく争った。しかしその結末は、ベッテルのスピンという形で終わった。ベッテルはオーバーテイクを仕掛けてきたハミルトンに対して、必死のディフェンスをした。しかしこれはうまくいかず、スピンを喫してしまうこととなった。またこれが原因でフロントウイングを破損。ベッテルはピットに戻らなければならず、最終的には5位でフィニッシュするのがやっとだった。

 開幕戦も、そして今回の第2戦も表彰台を手にできなかったベッテル。開幕2戦で表彰台を全く獲得できなかったのは、ベッテルにとっては2010年以来初めてのことだ。

「スタートから半周を走った後で、非常に難しいだろうということに気が付いた」

 ベッテルはそう語った。

「僕にとってこのクルマは、ドライブするのがとても困難なマシンになっていた」

「シャルルはあまり苦労していなかったと思う。彼は僕を追いかけるのも、僕を抜くのも、難しくなさそうだった。とても不思議なことだ」

「第2スティントは、ミディアムタイヤを履いたこともあって、少し落ち着いて走ることができた。でも全体的に見れば、本来あるべきペースを、僕は持ち合わせていなかったと思う」

 最初のピットストップで、ベッテルはハミルトンに先行を許すこととなったが、彼はすぐに抜き返すことに成功した。しかし2回目のタイヤ交換を終えた後、ベッテルは再びハミルトンのプレッシャーに晒されることとなり、前述のスピンを喫してしまうこととなった。

「その時はとても接近していた。僕は前の周回と同じように、コーナーのイン側に戻ろうとしたんだ」

 ベッテルはスピンした当時のことを、そう振り返る。

「ターン4は、最も難しいコーナーのひとつだったと思う。でも、僕のミスだ。僕はリヤのグリップを失い、スピンしてしまった」

「風も、おそらくその原因のひとつだっただろう。そのコーナーでは、レース中ずっと追い風だったんだ」

「どうしてかは分からないけど、突然マシンのコントロールを失ったんだ。そして一度スピンしてしまえば、コントロールを取り戻すのには明らかに遅すぎた」

 スピンしたベッテルはコースに復帰し、タイヤを交換すべくピットを目指した。しかしその道中でフロントウイングが破壊されてしまった。

「スピンしたことで、タイヤに大きなダメージを負ってしまい、非常に大きなバイブレーションがあった。それで、フロントウイングの脱落に繋がったのだと思う」

 ベッテルはそう説明した。

 ベッテルのスピン、そしてルクレールのパワーユニットにもトラブルが発生した。その結果、メルセデスが1-2フィニッシュを遂げるのを、フェラーリは阻止することができなかった。

「今日は彼(ルクレール)のレースだったと思う」

 ベッテルは、今後も脅威になるであろうチームメイトの戦いぶりを、そう評価した。

「彼にとっても、そしてチームにとっても、とても不幸なことだった。全体的に、残念な1日だった」

次の記事
F1バーレーンGP決勝:残り10周の悲劇……ルクレール初優勝逃す。優勝はハミルトン

前の記事

F1バーレーンGP決勝:残り10周の悲劇……ルクレール初優勝逃す。優勝はハミルトン

次の記事

フェルスタッペンとの接触で、悲劇の結末を避けられた……好調サインツJr.、リタイアに終わる

フェルスタッペンとの接触で、悲劇の結末を避けられた……好調サインツJr.、リタイアに終わる
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第2戦バーレーンGP
サブイベント Race
ドライバー セバスチャン ベッテル 発売中
チーム フェラーリ 発売中
執筆者 Valentin Khorounzhiy