F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
Race まで
00 時間
:
47
:
31
14 8月
次のセッションまで……
4 days
28 8月
次のセッションまで……
18 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
25 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
32 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
46 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
60 days
23 10月
次のセッションまで……
74 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
82 days

2021年用”18インチ”F1タイヤ、ルノーが初テスト。その姿が明らかに

シェア
コメント
2021年用”18インチ”F1タイヤ、ルノーが初テスト。その姿が明らかに
執筆:
2019/09/12 23:42

ピレリは、フランスのポール・リカール・サーキットでF1用18インチタイヤのテストをスタート。実際にF1マシンが履いた時、どのように見えるか……そのイメージが初めて明らかになった。

 2021年シーズンからF1に投入される予定になっている18インチタイヤ。そのテストがフランスのポール・リカールでスタートした。

 このテストを担当しているのはルノーで、2021年のレギュレーション下で予想されるダウンフォースレベルに修正したR.S.18を走らせた。ステアリングを握るのは、同チームのリザーブドライバーであるセルゲイ・シロトキンだ。

 ピレリはツイッターで、テスト時の動画を公開している。

 

 テストを担当したシロトキンは、走行に先立ち次のように語った。

「それは新しく、興味深いモノだ。我々は今回のことにとても興奮している」

 F1は2021年から18インチタイヤに移行する予定だが、FIA F2は1年先行し、2020年シーズンから18インチタイヤを投入する予定だ。イタリアGPの際には、元F1ドライバーであるジャン・アレジが、18インチタイヤを履いたF2マシンをドライブ……その姿を披露した。

 ピレリは現在、2020年のF1タイヤを作り出す途上にある。しかしそれが一度完了してしまえば、開発の焦点は完全に18インチタイヤへと切り替わるだろう。

 18インチタイヤの開発には、ルノーの他にマクラーレンとメルセデスも協力することを明らかにしている、マクラーレンは、やはりポール・リカールで10月に走行予定。メルセデスは12月にテストを実施する予定が立てられている。

Read Also:

「ルクレールの走りが“合法”なら走り方を変える…」ハミルトン、モードチェンジ?

前の記事

「ルクレールの走りが“合法”なら走り方を変える…」ハミルトン、モードチェンジ?

次の記事

アルファロメオ、“残念な”スパのクラッシュから立ち直ったジョビナッツィを称賛

アルファロメオ、“残念な”スパのクラッシュから立ち直ったジョビナッツィを称賛
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble