F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

全長1.5kmのストレートが見所! F1ベトナムGPは追い越しの多い魅力的なレースに?

シェア
コメント
全長1.5kmのストレートが見所! F1ベトナムGPは追い越しの多い魅力的なレースに?
執筆:
2019/05/03 6:09

2020年に初開催となるベトナムGPが行われるハノイ・サーキットは、カールステン・ティルケによれば「オーバーテイクの選択肢がたくさんある」という。

 F1は2020年に、ハノイ・サーキットでベトナムGPを初開催することとなっている。サーキットはハノイ中心部から20分ほど離れたナムトゥリエム区にあり、現在はピットとパドックが建設中だ。

 コースの3分の2は公道を使用するが、高速の最終セクションとメインストレートは新設される。

 このコースの大きな特徴となっているのが複数のロングストレートで、最長のものは1.5kmにも及ぶ。大きく回り込むようなコーナーが3本のストレートをつなぎ、その先には激しいブレーキングとタイトなヘアピンが待ち受けるレイアウトだ。これには、モナコのような抜きづらい市街地サーキットよりも、アゼルバイジャンGPが行われるバクーのように、多くのオーバーテイクを演出する狙いがある。

 なお、公開されているCG画像では、建設中のパドックの外観を見ることができる。

 著名なサーキットデザイナー、ヘルマン・ティルケの息子で、このサーキットの設計を担当したティルケ事務所のマネージングディレクターを務めるカールステン・ティルケは、F1 Racingに次のように語った。

「このサーキットを設計するにあたって、F1チームとハノイのオーガナイザーとの密接な協力があった」

「我々は彼らと良いサーキットを作るために、ドライビングの観点だけでなく、オーバーテイク増加の観点からも多くの話し合いを重ねてきた」

「もちろん、基本的にストレートなどいくつかの部分のレイアウトは固定されているが、シミュレーションツールを通して我々は可能な限り最高のコースを作ることができた」

Hanoi F1 circuit paddock rendering

Hanoi F1 circuit paddock rendering

Photo by: Tilke GmbH

 また、1.5kmのロングストレートの先にあるターン11付近には、グランドスタンドが両サイドに設けられることとなっており、ティルケはここを“スタジアムセクション”と呼んでいる。グランドスタンドと近接するサッカースタジアムの間はファンゾーンとF1ビレッジとなる予定で、海外からの観光客に向けて、ハノイやベトナムの文化や料理を楽しめるエリアとなるようだ。スタジアムではコンサートも開催予定で、最大で10万人規模の観客を収容できる。

 ティルケがサーキットの中で最もワクワクしていると語るのは、自由に考案、設計ができたコース終盤の区間である。彼はここを高速かつ非常にテクニカルで、少しのミスも許されない部分だと評した。

「長いストレートと高速コーナーがうまく組み合わさっているので、チームは良いセットアップを見つけるのが難しいだろう」とティルケは語った。

「我々のシミュレーションでは、このコースは良いレースと多くのオーバーテイクを提供すると予想されている。簡単にミスをしてしまうので、良いラップタイムを刻むのは難しく、ドライバーたちはこのサーキットに挑戦することを好むだろう」

 ティルケ社の建築家とエンジニアは、施工から完成までに18カ月かかるとしている。4月初旬には5人のエンジニアがハノイへと転居しフルタイムでプロジェクトに取り組んでいる。

「設計と計画のプロセスは極めて順調だ」とティルケは語った。

「準備はほとんどが終わったが、建設自体はまだ始まったばかりだ」

「起工式は今年の3月下旬に行われ、今はプロセスを進行させるために多くの機械を現場に投入する必要がある。2020年のレースカレンダーはまだ確定していないが、次のシーズンまでに作業を完了しなければならない」

次の記事
ルクレールの”速さ”がフェラーリに悪影響? ビルヌーブ「ライコネンを残すべきだった」

前の記事

ルクレールの”速さ”がフェラーリに悪影響? ビルヌーブ「ライコネンを残すべきだった」

次の記事

目指すはメルセデス! サインツJr.、マクラーレンの高い志を明かす

目指すはメルセデス! サインツJr.、マクラーレンの高い志を明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 James Roberts